ここから本文です

敵地で最低限の結果を得たスペイン 先制点を決めたサウールに最高評価

10/13(日) 10:55配信

SPORT.es

12日(土)、スペイン代表は2020ユーロ予選グループFの第7節ノルウェー代表戦を敵地オスロで戦い、1-1で引き分けた。ロベルト・モレノのチームは同予選を6勝1分で本戦出場に向けて十分なアドバンテージを手にしている。

本戦出場持ち越しのスペイン代表監督モレノ「気持ちが良いわけがない。不快だ」


前半は両者が拮抗したパフォーマンスを見せ、決定的なチャンスが生まれることはなく、チャンスシーンでも両GKが立ちはだかった。


後半開始早々にサウール・ニゲスがセルヒオ・ブスケツからのアシストで先制ゴールをあげ、勝利をたぐり寄せたかに思われたが、スペインは試合をコントロールできず、アディショナルタイムにGKケパ・アリサバラガがオマル・エラブデラウィをエリア内で倒してPKを献上。これをジョシュア・キングに決められてドローに持ち込まれている。


引き分けとなったものの、スペインはグループFの首位を保っており、十分なアドバンテージがある状態に変わりはない。スペインはスウェーデン戦(10月15日@ソルナ)、マルタ戦(11月15日@エスタディオ・ラモン・デ・カランサ)、ルーマニア戦(11月18日@ワンダ・メトロポリターノ)の3試合を残している。


スペイン代表選手のルーマニア戦評価は以下の通り。

■GK
ケパ・アリサバラガ(5点)
『主役』
94分にPKを献上。これをノルウェーに決められて引き分けに持ち込まれた。ノルウェーが供給するハイボールに苦しめられた。ただ22分のジョシュア・キングのヘディングと39分のオマル・エラブデラウィのシュートを冷静に対処した。後半に入りその役割は少なくなったが、最終的にエラブデラウィへの誤った対応により、無失点で試合を終えることができなかった。


■DF
ヘスス・ナバス(6点)
『上下動』
右サイドでもう一人のFWとして活躍した。激しい上下動を見せ、縦へのプレーで相手の深い位置まで侵入したが、最後の部分でアタッカー陣と合わなかった。


ラウール・アルビオル(6点)
『経験』
フィジカルの強さが求められる試合において経験でチームに貢献した。試合終盤では推進力のあるノルウェーの攻撃陣に苦しめられた。


セルヒオ・ラモス(6点)
『歴史的』
スペイン代表としての168試合目をプレーし、イケル・カシージャスの167という記録を破り、同代表の最多出場選手となっている。モチベーションが高く、精力的にプレーした。78分にハンドを取られてイエローカードを受け、次節スウェーデン戦を累積警告により欠場する。


フアン・ベルナト(6点)
『適当』
ナバスのように積極的に攻撃参加し、クロスボールを供給した。守備での存在感をより強く見せ、自身のサイドで相手の攻撃にしっかりと対応した。イニゴ・マルティネスと88分に交代している。


■MF
ファビアン・ルイス(6点)
『インテンシティ』
16分のエリア手前でのヒール、相手GKにビッグセーブされた39分のシュートや2度ポストを叩いたシュートなど才能の片鱗を見せている。67分のシュートはクロスバーを直撃し、88分のシュートは向かって左側のポストに嫌われた。


セルヒオ・ブスケツ(6点)
『アシスト』
戦術的に優れ、ボールの配給も適切に行い、サウール・ニゲスのゴールをアシストした


サウール・ニゲス(7点)
『キープレイヤー』
序盤にもチャンスを掴んでいたが、24分のシュートは相手GKに阻止された。後半開始早々の47分にブスケツのアシストから先制ゴールを決めた。


■FW
ミケル・オヤルサバル(5点)
『控えめ』
攻守両面でこれまでのような輝きを見せられなかった。ライン間でのプレーを心掛けたが、運にも恵まれず、ロドリと78分に交代している。


ロドリゴ・モレノ(5点)
『低調』
フィジカルで劣る中、ノルウェーの屈強なディフェンスと戦った。しかし相手の守備を混乱させることはあまりできなかった。


ダニ・セバージョス(5点)
『断続的』
左ウィングとして出場したが、その機動力と突破力で相手に的を絞らせなかった。果敢な姿勢を見せ、前線からのプレスでチームに貢献しようと試みたていた。64分にサンティ・カソルラと交代している。


■途中出場
サンティ・カソルラ(6点)
『攻撃的』
64分にセバージョスに代わってピッチに送り出されている。左ウィングをプレーし、69分には追加点のチャンスを掴んだが、左足でのシュートはGKにセーブされた。


ロドリ(5点)
『インサイドハーフ』
78分に同点ゴールを奪いにくるノルウェーに対応するために投入されたが、あまり貢献できなかった。


イニゴ・マルティネス(5点)
『パワフル』
88分よりノルウェーの空中戦に対抗するために起用されたものの、最終的に押し切られた。

SPORT

最終更新:10/13(日) 10:55
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事