ここから本文です

シティの舵取り役ロドリが語るペップとシメオネの類似点とは

10/13(日) 19:50配信

SPORT.es

今夏にマンチェスター・シティへ移籍したロドリはアトレティコ・マドリーを去ることは彼にとって容易ではなかったと明かしている。

出場機会わずか10分のフォーデンを溺愛するペップ「彼はどこも行かない」


ペップ・グアルディラのチームはフェルナンジーニョの後継者として、スペイン人MFに7,000万ユーロ(約84億円)を支払った。
「アトレティコにとても満足していたし、出て行くのは簡単な決断ではなかった」とロドリは『ESPN』のインタビューで説明している。


しかし、ロドリは最終的に最高のタイミングでの移籍だったとも明かしている。
「家族と一緒に過ごしていて、愛するチームのためにプレーしていた。自分の出来の良かった。とても難しかったが、このタイミングでの挑戦が最適だったと思うし、この決断を下して良かったと思っている」


マンチェスター・ユナイテッドはシティの地元のライバルチームである。同スペイン人MFはマドリードでもダービーマッチを経験しているが、マンチェスター・ダービーの熱をまだあまり感じていないようだ。
「わからないね。これまでにマンチェスターに行ったことがなかったし、人々がダービーをどのように捉えているのかわからない」と答えている。


ここ2シーズンはリヴァプールが国内最大のライバルとなっている。ロドリはライバルを称賛するコメントを並べた。
「彼らは素晴らしいチームであり、多くの面で洗練されている。イングランドやヨーロッパでも最高のチームの一つだ」


グアルディオラとディエゴ・シメオネを比較するように頼まれたロドリは、彼らの類似点を指摘している。
「彼らは常に勝ちたいという点で同じだ。準備を怠らず、一瞬たりとも立ち止まらない。彼らは決して2番じゃ満足しない。もちろんフットボールのスタイルは違うけど、常に成功するためにアプローチしている。彼らは素晴らしい監督だよ」と締めくくっている。

SPORT

最終更新:10/13(日) 19:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事