ここから本文です

デートにもピッタリ! “アートの街”「天王洲」のおすすめスポット

10/13(日) 11:00配信

クランクイン!

 みなさんは「天王洲」にどんなイメージをお持ちでしょうか? 実は近年、天王洲は“アートの街”として若者の間で人気を集めています。そこで今回は、魅力溢れる天王洲エリアのおすすめスポットをご紹介します! 週末デートやちょっとしたおでかけの参考にしてみてください。

【写真】どうやって描いたの? 天王洲にある巨大な「ウォールアート」


■運河に浮かぶアート溢れる街

 「天王洲」の街を歩いていると、大小様々なアート作品が街のいたるところに設置されていることにまず驚かされます。天王洲アイル駅から徒歩5分程度の場所にある「東横INN品川港南口天王洲」の近くを通ると“巨大なくずかご”が出現! これは、現代日本彫刻家・三島喜美代氏の「Work 2012」という作品で、2012年に同ホテルの入り口に設置されたそうです。

 また、「天王洲セントラルタワー アイルコート」には、造形作家・大隅秀雄氏の作品「2005 SASAYAKI」が、港南公園には、彫刻家・伊藤誠氏の作品「Tap」が設置されています。さらに、街のいたるところに「ウォールアート」が描かれており思わず足を止めてしまう瞬間がたくさん訪れます。

■ランチもディナーも楽しめるお店がたくさん

 街を散歩していると、いつの間にかお腹が空いてきますよね? そんな時に是非、立ち寄って欲しいおすすめのお店を3店紹介します。

 まず紹介したいのが、運河沿いの倉庫を改築したビール醸造所を併設しているレストラン「T.Y.HARBOR(ティーワイハーバー)」です。目の前に拡がる運河には、水上ラウンジが浮かぶ天王洲地域のランドマーク的存在のレストランで、味わい豊なクラフトビールとアメリカ人シェフによる本格的なモダンアメリカン料理が楽しめます。

 次に紹介するのが、倉庫だった建物をリノベーションしてつくられたベーカリーカフェ「Breadworks」です。朝は焼き立てのパンとコーヒーでくつろぎ、昼は日替わりのデリやサンドイッチを選んでのんびり過ごすことができます。夜はふらっと立ち寄り、クラフトビールやワインで一日の締めくくりを。運河を臨む、開放感あふれるテラス席が特におすすめです。

 最後に紹介するのが、「肉×イタリアン GRILL WORKS」です。その日の厳選されたおすすめ部位をお店側でチョイスしてくれるお肉の盛り合わせは絶品! 開放感ある店内で、気軽に1杯飲むもよし、大勢で賑やかに飲むもよし、それぞれのスタイルで楽しめるお店です。


■楽しくアートを知って、学べる

 お腹もいっぱいになったところで、もっとアートに触れたいという方におすすめのスポットを最後に紹介します! 普段、美術館や博物館には行かない方でも楽しむことができる場所がたくさんあります。

 まず紹介するのは、日本ブランドの希少な画材を取り揃えたラボ「PIGMENT TOKYO(ピグモン トウキョウ)」です。世界最高ランクの原石から作られた天然顔料など、古今東西の希少且つ良質な画材を取り揃えています。また、画材だけに留まらず、希少価値の高い硯や筆など「用の美」を資料として収集・保管・展示し、博物館的な役割も担っています。壁一面に並べられた色とりどりの画材は圧巻です。

 次に紹介するのは、建築模型に特化したミュージアム「建築倉庫ミュージアム」です。建築模型を広く一般に公開する「ミュージアム」と、模型専門の「保存」機能をもつ倉庫にて建築文化の貴重な資料である模型を展示、保管しています。“学ぶ・楽しむ・感動するミュージアム”として、模型との新しい出会いが体験できる新しいかたちのミュージアムです。

 最後に紹介するのが、ビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナが運営するアートフォト専門のギャラリー「IMA gallery」です。国内外の若手日本人写真家による展覧会や、アーティストやクリエイターを招いたトークショーの開催など、アートフォトを楽しみ、学べる機会が提供されています。

 この他にも、天王洲エリアには本当にたくさんのアートスポットがあるので、お散歩しながら気になる施設やお店があればふらっと入ってみるのもおすすめです。

最終更新:10/15(火) 15:39
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事