ここから本文です

ネイマール負傷交代のブラジル、カゼミーロが同点弾も格下ナイジェリアとドロー決着

10/13(日) 22:57配信

ゲキサカ

[10.13 国際親善試合 ブラジル1-1ナイジェリア]

 国際親善試合が12日に行われ、ブラジル代表はシンガポールでナイジェリア代表と対戦し、

 最新FIFAランキング3位のブラジルは前線にFWネイマールとFWロベルト・フィルミーノが並び、FWガブリエル・ジェズスやFWリシャルリソン、DFダニエル・アウベスらが先発に名を連ねた。一方、同34位のナイジェリアはFWアレックス・イウォビやMFウィルフレッド・エンディディらが先発した。

 ブラジルが試合を優勢に進めたが、前半12分にネイマールが負傷。すると、前半35分に先制を許してしまう。ナイジェリアは、右クロスをFWモーゼズ・サイモンがPA左で収めて後方に落とすと、ゴール前に勢いよく走り込んだMFジョー・アリボが1人をかわして右足シュート。これをゴール左隅に沈め、1-0で前半を終えた。

 1点ビハインドのブラジルは後半開始早々の3分、右CKからMFコウチーニョがPA右手前にグラウンダーのパスを送り、D・アウベスがクロスを供給。DFマルキーニョスが頭で合わせたボールはクロスバーを叩いたが、跳ね返りをMFカゼミーロが押し込み、1-1と同点に追いついた。

 これで勢いに乗ったブラジルは後半15分、コウチーニョの左CKからカゼミーロがヘディングシュートを放つがクロスバーを直撃。ナイジェリアはこの競り合いでGKフランシス・ウゾホが負傷交代を余儀なくされ、GKマドゥカ・オコイェが代わって入った。

 ブラジルは後半28分、右からジェズスが折り返したボールをフリーのリシャルリソンが合わせるが、相手にブロックされて決定機を逃す。40分にもPA左へ抜け出したDFレナン・ロディがマイナスに折り返したボールをコウチーニョが右足で狙ったが、これも決めきれなかった。

 試合はそのまま1-1でタイムアップ。米『ESPN』によると、ブラジルのポゼッション率は70%、シュートは18本(枠内6本)を放ったが、1得点とどまった。

最終更新:10/13(日) 22:57
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事