ここから本文です

F1人気“復活”間近? 台風はねのけ日本GPの決勝動員10%増の8万9000人

10/14(月) 7:14配信

motorsport.com 日本版

 鈴鹿サーキットで行われた2019年F1日本GP。決勝日の動員数は昨年より8000人多い、8万9000人だった。

 今年はレッドブル・ホンダの活躍もあり、昨年と比べて2割以上もチケットの売れ行きがよく、最終的には10万人に届く動員数になるのではないかという話も出ていた。

 さらにレースウィーク直前になって山本尚貴がトロロッソ・ホンダからフリー走行1回目に出走することが決定。11日(金)は3万3000人が来場し、特にフリー走行1回目は山本が目の前を通過するたびに旗や手を振って応援するファンが多く、大きな盛り上がりを見せた。

 しかし、今週末は台風19号の接近に伴い、12日(土)のスケジュールがキャンセルとなり、鈴鹿サーキットでは2010年以来となる予選・決勝を日曜日に同日開催する異例の展開となった

 最終的に昨年よりも多い来場者数になったものの、台風の影響で観戦を断念せざるを得なかった人もいた様子。事前のチケットの売れ行きを考えると思ったほどの入場者数にはならなかった。

 それでも、13日(日)は早朝から多くのファンがサーキットに足を運び、イベント広場「GPスクエア」は大盛況。午前10時の公式予選から各コーナーのスタンドともに満席に近い状態となり、昨年以上の熱気に包まれた。特に今年は15歳~23歳(中学在学生は除く)が対象の「U23チケット」がほぼ完売し、現地でも若年層のファンが目立ったのが印象的だった。

 レース後も西コースウォークに参加したり、GPスクエアでのイベントを楽しむファンが非常に多く、鈴鹿サーキットから離れるのを名残惜しそうにしている様子だった。

 なお、12日のスケジュールが中止になったことによるチケットの払い戻しについては鈴鹿サーキットの公式サイトで詳細を案内している。

吉田知弘

最終更新:10/14(月) 7:14
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事