ここから本文です

「イクメンがなくなる日」マンガ家があえて描いた「理想の子育て環境」 幼い頃、両親が見せたかっこよさ

10/17(木) 7:00配信

withnews

 10月19日は、「イクメンの日」。みなさんは「イクメン」という言葉にどんなイメージを持っていますか? 少しずつ男性が育児しやすい環境は整ってきていますが、この先はどうなっていくのでしょうか。漫画のSNSを運営する「コミチ」とwithnewsがコラボし、「#ミライのイクメン」をテーマに作品を募集した企画。大賞に決まったのは、「イクメン」という言葉が使われなくなった未来を描いた、小柳かおりさんの「イクメンが変えたやわらかな世界」です。あえて「理想の未来」を描いたという小柳さん。そこには作者自身が見てきた両親の姿がありました。(朝日新聞デジタル編集部・野口みな子)

【マンガ本編はこちら】「イクメン」がなくなった未来 会社はこう変われる…幼い頃見た、両親のかっこよさ

漫画「イクメンが変えたやわらかな世界」

 漫画「イクメンが変えたやわらかな世界」の舞台はそう遠くない未来。小学生の主人公の目線で、「イクメン」という言葉が使われなくなった世界を描いています。

 小学校からの帰り道、主人公の純一はいつものように父が働く会社を訪れます。父の同僚も慣れた様子で、「パパは?」と聞くと「今ミーティング中だよ」と教えてくれます。

 会社には、純一と同じように学校帰りに立ち寄った女の子がいて、父の同僚たちも優しく接してくれます。父の仕事が終わるのを待つ間も、みんなが遊んでくれるので寂しくありません。そんな中、純一は父の言葉を思い出します。

 「純ちゃんが生まれる前は、子育てに参加する父親のことを『イクメン』と言ったんだ。『イクメン』がみんなの働き方を変えてくれたんだよ」

 作中では当たり前に運用されている育休やリモートワーク、社内の保育所は、育児をする男性の願いから実現したものでした。

 それに、変化があったのは育児にまつわる制度や環境だけではありません。社内には「集中エリア」という個室スペースが設けられ、理由にかかわらず、在宅勤務も柔軟に選べます。子育てしていても、していなくても、「特別扱い」のない働きやすい環境が整えられていました。

 父と一緒に帰路につく純一。夕食は外食にしようと相談をしています。ちょうど仕事が終わった母と合流するようです。「今日楽しかったか?」と父に聞かれ、漫画はこうしめくくられています。

 「かいしゃに行くと パパがいてみんながいて たくさん遊んでくれるから 毎日たのしいんだ!」

1/3ページ

最終更新:10/17(木) 8:24
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ