ここから本文です

今平周吾が50位内へ前進 松山英樹は31位【男子世界ランキング】

10/14(月) 17:08配信

ゴルフ情報ALBA.Net

13日付けの男子世界ランキングが発表された。国内男子ツアーでは、「ブリヂストンオープン」で今季初優勝を挙げた今平周吾が65位から52位へ浮上。変わらず日本勢2番手につけている。

石川遼がオデッセイの最新パターを投入【写真】

松山英樹は3ランクダウンも31位で日本勢トップを維持。3番手は105位の星野陸也、4番手は107位の石川遼、5番手は140位の比嘉一貴となっている。

米国男子ツアー「ヒューストン・オープン」でツアー初優勝を挙げたラント・グリフィン(米国)は、176位から108位へと順位を上げた。

世界ランクトップ10の面々に大きな変動はなく、1位にブルックス・ケプカ(米国)、2位にローリー・マキロイ(北アイルランド)、3位はダスティン・ジョンソン(米国)となっている。

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/14(月) 17:08
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事