ここから本文です

カナダ代表の優しさ感謝「再び戻ってくることを願っています」釜石鵜住居復興スタジアム

10/14(月) 11:08配信

デイリースポーツ

 ラグビーW杯のカナダ代表が13日、滞在先の岩手県釜石市で泥掃除などのボランティア活動を行ったことを受け、釜石鵜住居復興スタジアムはツイッターを更新。その優しさに感謝し、「あなたたちが再び戻ってくることを願っています」と英文でメッセージをつづった。

【写真】スコップを手に泥出しのボランティアを行うカナダ代表

 カナダ代表は前日、ナミビアとの試合が台風19号の影響で中止に。戦わずして1次リーグ最下位が決まってしまったが、選手やスタッフ、その家族まで台風19号で被災した民家に出向き、スコップや袋を手に住民と一緒にゴミや土砂を集めた。

 ナミビア戦が行われる予定だった釜石鵜住居復興スタジアムは「カナダチームは台風の後、地元の人々が泥だらけの道をきれいにするのを助けました。本当に感謝しています」と記述。地元の人たちと交流する写真を掲載し、「その後、彼らは地元の人々と一緒に時間を過ごしました。釜石へようこそ。あなたたちが再び戻ってくることを願っています」とつづった。

 カナダ代表もこのメッセージをリツィート。フォロワーからは「優しさに感動」、「ありがとう」、「また来て下さい」などのメッセージが相次いだ。

最終更新:10/14(月) 11:26
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事