ここから本文です

遺体で見つかったf(x)のソルリ 悪質な書き込みに苦しんでいた

10/14(月) 20:00配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国のガールズグループf(x)(エフエックス)の元メンバーで、歌手兼俳優のソルリさん(25)が14日、この世を去った。警察は自殺を図った可能性があるとみて調べている。所属事務所、SMエンタテインメントは2017年の12月に亡くなった人気男性グループSHINee(シャイニー)のメンバー、ジョンヒョンさん(享年27)に続き、もう一人のスターを失ったことになる。

 

 子役としても活動していたソルリさんは2009年にf(x)のメンバーとしてデビュー。際立った容姿が注目され、多くのファンから愛された。

 グループとしての活動以外にも、女優やモデルとしての活動を行っていたが、14年に悪質な書き込みなどによる苦痛を訴え、芸能活動を一時中断。翌15年に演技活動に集中するとし、グループを脱退した。

 悪質な書き込みによって苦しみ、命を絶つ芸能人はこれまでにもいたが、そのような書き込みを自制する方向には進まず、また新たな犠牲者を出すことになった。

 ソルリさんは悪質な書き込みに悩まされながらも、SNS(交流サイト)などを通じて積極的に一般の人たちと交流しようと努力した芸能人と評価される。ソルリさんの死因は現時点では明らかになっていないものの、悪質な書き込みによるストレスが原因の一つという推測は十分に可能だ。

 大衆文化評論家のチョン・トクヒョン氏は「韓国社会における悪質な書き込みは臨界点を超えてしばらくたったというのが事実であり、最近さらに過激になった」とし、ポータルサイトなどで自浄する流れが形成されなければならないが、事件が起きた時だけ一時的に行われ、すぐに終わると指摘した。また「一般の表現の自由と関係する問題であるため、規制するよりは自浄の雰囲気に進まなければならない」と話した。

最終更新:10/14(月) 20:00
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事