ここから本文です

【府中牝馬S】9番人気フロンテアクイーンが2着 津村「しのげれば、と思ったけど…」

10/14(月) 17:34配信

スポーツ報知

◆第67回府中牝馬S・G2(10月14日・芝1800メートル、東京競馬場、稍重)

 15頭(ソウルスターリングは出走取消)によって争われ、岩田康誠騎手が騎乗した4番人気のスカーレットカラー(牝4歳、栗東・高橋亮厩舎、父ヴィクトワールピサ)が、直線で外から豪快に伸びて快勝。重賞初制覇を飾った。

 勝ち時計は1分44秒5。同馬にエリザベス女王杯(11月10日、京都)への優先出走権が与えられた。

 1馬身1/4差の2着は9番人気のフロンテアクイーン(津村明秀騎手)、3着には2番人気のラッキーライラック(石橋脩騎手)。

 1番人気に推されたプリモシーン(福永祐一騎手)は最下位の15着だった。

 津村騎手(フロンテアクイーン=2着)「レースぶりは本当にうまくて、直線もスムーズだった。しのげれば、と思ったけど、1頭すごいキレ味の馬がいた」

最終更新:10/15(火) 15:59
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ