ここから本文です

朝ドラ「スカーレット」大島優子は期待に応えられるか

10/14(月) 6:08配信

THE PAGE

 戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説「スカーレット」が先週後半、いよいよ子役からバトンタッチされ、戸田や大島優子、林遣都ら主要キャストの登場が話題となっている。14日からは第3週、「ビバ!大阪新生活」が始まる。そんな中、ネット上では「大島優子は関西出身ではないのに関西弁に違和感がない」「声や仕草が幼少期そのままでよく研究されている」など、かねてより演技力に定評のある戸田や林に負けず劣らず、大島の演技に対する高評価が目立つ。

今年は舞台などで演技面に注目集める

 AKB48のOGは、アイドル時代の活躍が派手なぶんファンの期待も大きくなるが、女優へ転身したOGたちの苦戦が伝えられることもあった。川栄李奈など、むしろ卒業後に女優として名を高めたメンバーがいる一方で、在籍時にグループの総選挙で1、2位を争う活躍をした大島のようなメンバーに関しては、見る側の評価も一段と厳しくなってしまうのは仕方ないところだ。ネームバリューがあるだけに、共演者に一流の俳優が並ぶこともあるだろう。しかしこのところ大島は、演技面で俄然、注目を集めている。年明け1月からBunkamuraシアターコクーンで上演された文豪ドストエフスキーの名作「罪と罰」に出演、3年ぶりとなる舞台で娼婦ソーニャ役に挑戦した。また、この秋には新国立劇場小劇場で上演される「ラヴ・レターズ」で、以前からやってみたいと思っていたという朗読劇に出演することも決まっている。そんな流れの中での「スカーレット」。大島にとっては「あさが来た」に続く朝ドラ挑戦、この辺でより良い結果を出したいところだ。

 大島の役どころは、戸田演じるヒロイン・川原喜美子の同級生で、信楽でもっとも大きな窯元(かまもと)「丸熊陶業」のお嬢様、熊谷照子。三味線や日本舞踊の稽古に余念がなく、プライドが高く勝ち気な性格。ちやほやされるわりに友達ができないが、転校生の喜美子には興味津々で、柔道まで一緒に習うことになった。

1/2ページ

最終更新:10/14(月) 6:08
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事