ここから本文です

【ラグビーW杯】「有言実行できた!」「更なる挑戦が始まる」決勝T進出を決めた日本代表メンバーが歓喜のツイート

10/14(月) 16:04配信

ハフポスト日本版

ラグビー日本代表は10月13日、1次リーグ最終戦でスコットランドと対戦し、28対21で勝利した。この試合の結果、A組で1位が確定した日本は史上初のワールドカップ決勝トーナメント進出を決めた。

【ツイート】日本代表メンバーによる実際の投稿はこちらから

日本中が歓喜に沸く中、リーチ・マイケル主将は試合後の記者会見で、「台風で避難している人たちに、少しでも勇気を与えられたと思います。今日はただの試合というわけではありませんでした。 試合ができただけで嬉しいですし、応援をいただいてありがたい」と、台風19号で甚大な被害を受けた地域や被災者に思いを寄せた。

激闘を終えた選手たちは試合後、続々と喜びや感謝の気持ちをツイッターで綴っている。その一部を紹介する。

福岡堅樹選手「台風の被害の中で開催に尽力してくれたたくさんの方々の力があってこそ」

13日のスコットランド戦で2トライを獲得し、マン・オブ・ザ・マッチ(その試合の最優秀選手)に選ばれたウイング(WTB)の福岡堅樹選手は試合後、「これが新たな日本ラグビーの歴史だ!本当にたくさんの応援ありがとうございました!!」と声援を送ったファンに感謝を述べた。

また一夜明けた14日、「一夜明けてテレビを見てると、本当にベスト8という目標を達成できたんだという実感が少しずつでてきました。このような最高の勝利を得られたのも、台風の被害の中で開催に尽力してくれたたくさんの方々の力があってこそです。日本を代表してプレーできること、本当に誇らしく思います」と綴った。

福岡選手は、東京オリンピック後は現役を引退し医者を目指すことを公言している。

松島幸太朗選手「有言実行できた」

13日の試合で、反撃の狼煙を上げる日本最初のトライをあげたフルバック/ウイング(FB/WTB)の松島幸太朗選手。現在の獲得トライ数5は、ウェールズのジョシュ・アダムズと並んで大会トップタイだ。

その松島選手もツイッターで14日、「有言実行できた!日本が台風で大変な時に、勝利という最大の事ができて良かった! みんなで乗り越えていきましょう! What a day!!!」と、スコットランドに勝つという目標を達成した喜びを綴っている。

日本は次戦、決勝トーナメントの準々決勝で南アフリカと戦うが、松島選手は過去U-20南アフリカ代表入りを辞退して日本代表に入ったという経緯がある。

トライ数をさらに伸ばすことができるか注目だ。

1/2ページ

最終更新:10/14(月) 18:09
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事