ここから本文です

世間を騒がせたセレブのウエディング事件簿 12

10/14(月) 22:40配信

ELLE ONLINE

超高額なドレスや膨大な費用についつい注目が集まってしまうセレブウエディング。でも中には、挙式当日に想定外のトラブルに見舞われてしまったカップルも意外と多いことが判明。 そこでセレブの結婚にまつわるスキャンダラスな事件をプレイバック!

ウエディング中に新郎が発砲!?

1985年に結婚したマドンナとショーン・ペン。ウエディングの様子を撮ろうとしていたパパラッチが、あまりにも執拗だったため、2人は会場であるマリブビーチの屋敷の外の砂の上に「FUCK OFF(とっとと失せろ)」というメッセージを書き残したほどだった。それでも諦めなかったパパラッチが、2人が屋敷の外で挙式をしている際中にヘリコプターで上空を飛んでいたため、ショーンはなんと走ってショットガンを屋敷に取りに行き、彼らに向かって発砲したとの報道が流れて、世間を騒がせた。

婚約者が別の女性と突然結婚

アンジェリーナ・ジョリーとビリー・ボブ・ソーントンの奇行エピソードには事欠かないけど、2人の交際期間の短さには誰もが驚いたはず。2人は交際わずか2カ月後、2000年に電撃結婚をして、“お互いの血を入れたガラス瓶をネックレスにして着用”していたことでも有名。でもそんなことより、さらに度肝を抜くエピソードがあったのを知っている? ビリーの元婚約者で女優のローラ・ダーン(写真右下)は、「ビリーがアンジーと結婚するまで、私は彼との関係が終わっていたことに気づかなかったの」とコメント。そんなことあり得る!?

ウエディングドレスが焼け焦げた!?

ハリウッドきっての美男美女夫婦であるブレイク・ライブリーとライアン・レイノルズ。当然、2人の結婚式はさぞかしロマンティックだった…と思いたいけれど、現実は思わぬハプニングに見舞われてしまったみたい。2012年に行われたウエディングレセプションで、演出のひとつであった花火の火が、ブレイクがまとっていたウエディングドレスに飛んできてしまい、大きな黒焦げの跡がついてしまったそう。結婚式で花火をする花嫁はくれぐれも気を付けて。

1/3ページ

最終更新:10/14(月) 22:40
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事