ここから本文です

「イーサリアムはコモディティ」米商品先物取引委トップ

10/14(月) 8:00配信

CoinDesk Japan

米商品先物取引委員会(CFTC)のヒース・ターバート会長は、時価総額で世界第2位の仮想通貨であるイーサはコモディティであると述べた。

同氏は、イーサは証券ではない、とヤフー・ファイナンス(Yahoo! Finance)のオール・マーケッツ・サミット(All Markets Summit)で見解を話した。

「我々はビットコイン(Bitcoin)に対しては、コモディティであると非常に明確にしてきた。これまでイーサについては何も言及していなかった」とターバート会長は述べた。「CFTC会長としての私の見解は、イーサはコモディティである」

ターバート会長はさらに、CFTCはこれら2つの仮想通貨について証券取引委員会(SEC)と協力しており、ビットコインもイーサも証券ではないことに同意したと述べた。今後、CFTCは、イーサ先物の米国市場での取引を認める可能性がある、という。

今年5月、CFTC幹部はCoinDeskに対し、適切な条件を満たせばイーサリアム(Ethereum)先物契約を承認する用意があると語っている。

ハードフォークによって作られた通貨については、ターバート会長はCFTCの新しいコインの扱いは、個別に異なると主張した。

同会長は次のように述べた。

「類似の資産が同様に扱われるのは当然である。仮に原資産、即ちオリジナルのデジタル資産が証券であると判断されておらず、従ってコモディティである場合、フォーク(分岐)された資産は同じである可能性が高くなる。ただし、このフォーク自体が、古典的なハウイ・テスト(Howey Test)のもとで証券法の問題を提起している場合は別だ」

ターバート会長はさらに、フェイスブック(Facebook)主導のリブラ(Libra)プロジェクトについても言及し、主要な連邦規制当局は計画されているこのステーブルコインを注視しており、証券の分類に該当するかどうかはまだ決定していないと述べた。

「何よりもまずそれは証券か。仮に証券でない場合、コモディティである可能性が高い」と同会長は言った。

その後の議論の中で、ターバート会長はCFCがLabCFTCの新ディレクターを任命したと発表した。LabCFTCは、CFTCの実験的なフィンテック(Fintech)イニシアチブである。

財務ソフトウェア企業イントゥイット(Intuit)のグローバル公共政策および規制業務担当ディレクターを務めていたメリッサ・ネトラム(Melissa Netram)氏がその役割を担う。同氏はまた、米財務省および通貨監督庁で金融サービスの経験もあるという。

翻訳:新井朝子 | 編集:T.Minamoto | 写真:Heath Tarbertimage via Wikipedia | 原文:CFTC Chairman Confirms Ether Cryptocurrency Is a Commodity

CoinDesk Japan 編集部

最終更新:11/12(火) 17:47
CoinDesk Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ