ここから本文です

【CEATEC 2019先取り】初出展のDeNA、「働き方改革タクシー」を提案

10/14(月) 9:00配信

BCN

 ディー・エヌ・エー(守安功社長兼CEO)は、10月15日から18日に幕張メッセで開催する展示会「CEATEC 2019」に初出展する。同社は2015年からオートモーティブ分野に参入し、「交通システム不全」という社会課題を「インターネット×AI」で解決するため取り組んでいる。



 今回のCEATECの会場では、30年の未来の「まち」で実現が見込まれるエネルギーや交通・インフラなどのモノとサービスが一体化したソリューション・サービスを提案する企画展示「Society 5.0 TOWN」が設けられる。DeNAはそこに「働き方改革タクシー/Zero Emission Cycle Vision」というテーマで出展する。

 19年4月から働き方改革関連法が順次施行され、さまざまな業界が働き方改革に取り組んでいる。タクシー業界も同様で、人手不足によるさまざまな課題を解決するツールとして、DeNAはAIやビッグデータを活用した「働き方改革タクシー」というソリューションを提案する。

 出展ブースでは、次世代タクシー配車アプリ「MOV」を中心に、交通事故削減支援サービス「DRIVE CHART」、AIを活用する「お客様探索ナビ」、タクシー乗務員の新しい働き方の提案などを紹介する。

最終更新:10/14(月) 9:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事