ここから本文です

ラプターズのノーマン・パウエル「プレシーズンは若手がそれぞれの能力を示す機会」

10/14(月) 10:08配信

バスケットボールキング

「ファンの皆さんもすばらしかったので楽しい時間でした」と第1戦を振り返る

 約16年ぶり、通算7度目の開催となった「NBA Japan Games 2019 Presented by Rakuten」(以降、ジャパンゲームズ)で、トロント・ラプターズは初来日を果たした。

 昨季、創設24シーズン目にしてフランチャイズ史上初のNBAチャンピオンとなったラプターズは、8日と10日に行われたヒューストン・ロケッツとのジャパンゲームズ2戦において、リーダー兼司令塔のカイル・ラウリーが左手親指手術の影響で2戦とも欠場、今夏の「FIBAバスケットボール ワールドカップ2019」でスペイン代表を優勝へと導いたマルク・ガソルは初戦を欠場するなど、ベストメンバーで臨むことはできなかったものの、ロケッツ相手に1勝1敗と、決して悪くない戦績を残したと言っていいだろう。

 ここでは、8日の第1戦終了後、囲み取材に対応したノーマン・パウエルの声をお届けしていきたい。

 先発シューティングガードとして出場したパウエルは、約18分のプレータイムで14得点をマーク。昨季はカワイ・レナード(現ロサンゼルス・クリッパーズ)とダニー・グリーン(現ロサンゼルス・レイカーズ)がウイングにいたため、なかなかプレータイムを得ることができなかったものの、今季はプレータイムを得て活躍することが期待されている選手の1人。

 ジャパンゲームズ初戦を終えたパウエルは「今日の試合は良かったです。最近の1か月以上はずっとチームメートたちと対戦していたので、コートに出てプレーするのは良いことです。プレシーズンに入ると相手と対戦することによって活力が上がりますので、良かったです。ファンの皆さんもすばらしかったので楽しい時間でした」とコメント。

 この試合はラウリーとガソル不在ではあったものの、ラプターズは両チームの主力がベンチに下がった第4クォーターに逆転し、134-129で勝利を手にした。両ベテランの不在について聞かれると、パウエルはこう切り返していた。

「いえ、そこまで感じませんでした。皆練習はしていますし、カイルは(左手)親指のケガのケアをしながら復帰に向けて頑張っています。マルクも身体への負担軽減を自己管理しています。彼ら以外の選手たちが、空いた出場時間で自分たちの能力を示す機会なんです。プレシーズンで、ベテラン選手たちは休養を取りながらレギュラーシーズンに向けて準備しています。若手選手たちが長く出場してアピールする時期なので、そこまで2人の不在は厳しいものではなかったです。まだプレシーズンなので、流れに慣れ始めているところです」。

1/2ページ

最終更新:10/14(月) 10:08
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事