ここから本文です

ジェームズ、激しい交錯で大の字転倒も「大丈夫」

10/14(月) 14:30配信

超WORLDサッカー!

マンチェスター・ユナイテッドに所属するウェールズ代表MFダニエル・ジェームズは大事に至らなかったという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

ダニエル・ジェームズは13日にホームで行われたユーロ2020予選のクロアチア代表戦に先発したが、14分にDFボルナ・バリシッチとDFドマゴイ・ヴィダに挟み込まれる形で激しく交錯。目を瞑り、大の字の状態でピッチに崩れ落ちたが、メディカルスタッフの治療を経て、すぐにプレーに戻った。

最終的にフル出場を果たしたダニエル・ジェームズ。状況からして脳しんとうも疑われる危険なシーンだったが、試合後に応じたイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで「大丈夫だ。幸運なことに、ノックアウトされなかったよ」と語り、無事を明かしたという。

また、ウェールズ代表の指揮を執るライアン・ギグス監督も「彼は倒れ込んだ際、少しばかり演技していたね。メディカルスタッフを向かわせたが、心身健全だったんだ。ハーフタイムにもすべてのチェックをやって、異常なしと判断した」と語っている。

ダニエル・ジェームズは、ウェールズ代表のなかだけでなく、シーズン開幕から苦しい戦いが続く所属先のユナイテッドでも急先鋒として印象的なパフォーマンスを披露し続けるだけに、朗報といえそうだ。

超WORLDサッカー!

最終更新:10/14(月) 14:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事