ここから本文です

間違いから学べ! イングランド代表監督、素行問題のマディソンに自覚求む

10/14(月) 17:00配信

超WORLDサッカー!

イングランドを率いるガレス・サウスゲイト監督がレスター・シティの同代表MFジェームズ・マディソンに自覚を求めている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

ユーロ2020予選第7節のチェコ代表戦と第8節のブルガリア代表戦に向けたメンバーとしてイングランド代表に招集されたマディソン。10日に帯同中の病気が理由で代表離脱が決まったが、チームが敵地でチェコと対戦(1-2でイングランドが敗戦)している夜、レスターにあるカジノに出入りしていたことが報じられている。

サウスゲイト監督は、14日にアウェイで行われるブルガリア戦に先立った会見で、マディソンの一件について言及。注意喚起した。

「選手がひとたびチームを離れれば、個々の時間をどのように過ごすかは彼ら次第だ」

「ジェームズ(・マディソン)は学んだと思う。イングランド代表に関わるということは、同時に自身にスポットライトが集まり、私生活への関心も高まるということをね」

「それはクラブに帰っても当てはまる。それほど注目度の高い場所だということさ」

超WORLDサッカー!

最終更新:10/14(月) 17:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事