ここから本文です

ポールのベッテルは2位にとどまる。ジャンプスタートのペナルティは「許容範囲」で取られず:フェラーリ F1日本GP

10/14(月) 12:30配信

オートスポーツweb

 2019年F1日本GPで、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは予選でポールポジション(1分27秒064)を獲得、決勝では2位だった。

2019年F1第17戦日本GP日曜 グリッド上のセバスチャン・ベッテルのフェラーリSF90

 ベッテルがスタートでライトが消える前に動いたことで、ジャンプスタートの疑いが持ち上がり、審議が行われた。ベッテルが動いたことは明らかであり、ロシアではキミ・ライコネンがライトが消える前に動き、それによるアドバンテージを得ていないにもかかわらず、ドライブスルーペナルティが科されたことから、ベッテルもペナルティを受ける可能性があると考えられたが、スチュワードはペナルティを出さなかった。

 これに関してスチュワードは「各車に装着された、FIAが承認し供給するトランスポンダーから得た情報に基づくジャンプスタートに関する報告と、証拠映像をチェックした」と説明している。
「ジャンプスタートはFIAフォーミュラ1競技規則第36.13(a) 条において明確化されており、映像では動いたことが示されているが、その動きはF1ジャンプスタートシステムの許容範囲内であった」

 第36.13(a) 条には、信号のスタート合図が与えられる前に動き出したとトランスポンダーが判定した場合、ペナルティが科せられると記されている。

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
セバスチャン・ベッテル 決勝=2位
 朝の予選はとてもうまくいったが、決勝で完璧な結果を出すことができなかった。

 僕もシャルル(・ルクレール)もスタートを失敗した。うまく決まっていれば、2台がトップで走っていたはずだ。難しい一日だった。単純に、ライバルの方が速かった。(優勝した)バルテリ(・ボッタス)は飛ぶように走って遠ざかっていった。

 スタート失敗については、最初クラッチ操作が早すぎて、その後再度行うことになり、勢いを失った。通常僕らはスタートがとてもいいのに、今回はそうではなかった。

 さらに、レースペースがライバルより少し劣っていたし、バルテリやルイス(・ハミルトン)よりもタイヤの消耗が激しかった。ライバルたちはスティントを通してペースを維持していたが、僕らはスティント終盤に大きく落ち込んだ。

 レース終盤は、ルイスの前でフィニッシュすることを目指して走った。彼がストレートでオーバーテイクするのが簡単でないことは分かっていたので、重要なポイントでミスせずしっかり走るよう心がけた。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/14(月) 12:31
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事