ここから本文です

ダイソン、自動車プロジェクトを中止…初のEVは幻に

10/15(火) 0:06配信

レスポンス

ダイソン(Dyson)は、自動車プロジェクトを中止すると発表した。

ダイソンは2017年9月、2020年までの実用化を目指して、新型EVの開発に着手したと発表した。その後、英国ウィルトシャー州ハラビントンのテクノロジーキャンパスに2億ポンドを追加投資し、新型EV開発のテストコースを建設することを発表していた。

さらに、ダイソンは2018年11月、同社初の市販EVの生産をシンガポールで行うことを決定した。ダイソンはすでにシンガポールにテクノロジーセンターを持っており、同センターと連携しながら、新型EVの量産に向けた取り組みを加速させていく方針だった。

今回ダイソン(Dyson)は、自動車プロジェクトを中止すると発表した。ダイソンによると、自動車プロジェクトのチームは優れたEVの開発を進めてきたものの、商業ベースで考えた場合、取締役会は自動車プロジェクトを中止せざるを得ないという判断に至ったという。

ダイソンは今後、固体電池、センシング技術、ビジョンシステム、ロボット工学、機械学習、AI(人工知能)などの分野に注力していく、としている。
We are sad to announce a proposal to end our automotive project. The Dyson automotive team has developed a fantastic electric car, but unfortunately it is not commercially viable. Read more here.— Dyson (@Dyson) 2019年10月10日


《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/15(火) 0:06
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事