ここから本文です

台風19号~自衛隊による災害派遣と国防の問題

10/15(火) 12:10配信

ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月15日放送)にジャーナリストの有本香が出演。台風19号の被害について、また自衛隊の災害派遣の在り方について解説した。

台風19号激甚災害に指定

台風19号による被害を受け、政府は14日夕方6時過ぎに、3度目となる非常災害対策本部の会議を開いた。安倍総理は近く復旧にかかる費用を政府が支援する「激甚災害」に指定する考えを示し、被災者の生活再建に向け全力をあげるよう、関係閣僚に指示した。

飯田)共同通信によれば、11の県で56人死亡、16人が行方不明となっております。警察や消防、自衛隊が取り残された人の救助、行方不明者の捜索を続けているということです。各地で決壊した堤防は、7つの県で37河川、52ヵ所。さまざまな交通に関する影響も出ており、新幹線は北陸新幹線が長野と上越妙高の間で運転見合わせ。中央本線は高尾~大月間で運転見合わせ。横須賀線は武蔵小杉駅の横須賀線ホームのエスカレーター、エレベーターが使えなくなっています。小田急・小田原線は秦野と新松田の間が、15日夕方5時ごろまで土砂流出のため運転見合わせ。京王動物園線も土砂崩壊の影響で、高幡不動~多摩動物公園駅間で運転見合わせとなっております。台風の影響、本当に爪痕は深いですね。

有本)もちろん亡くなられた方、行方不明の方もいらっしゃって、被害は大きいのですが、台風の進路予想の精度はだいぶ上がりましたね。

飯田)確かにそうですね。

異例な「予備自衛官」の招集~今後問題となるマンパワーの問題

有本)数日前から予想の進路が出ていて、ほぼその通りになっています。ただ、あまりにも台風が大きくて、雨の量がとてつもなく多かった。激甚災害指定は毎年、特に雨の被害のときに行われますが、今回異例なのは、予備自衛官の招集ということです。自衛隊のSNSなどでも呼びかけをしていますが、予備自衛官は通常、自衛隊にいらっしゃるわけではありません。普通のお仕事をしているけれど、訓練を受けていて、資格を持っている方たちです。今後は生活周りの支援が増えるので、どうしても人手が足りないということのようです。

飯田)いままでの招集の実績を見ると、去年(2018年)の北海道胆振東部地震や7月豪雨。これは九州から瀬戸内と、かなり広範囲に及びました。あとは熊本地震です。

有本)もちろん予備自衛官の方と言っても、いろいろなお仕事を持っていらっしゃるから、飛び込める方も少ないのかもしれません。地域的にも、北海道に住んでいる予備自衛官の方が、本州まで来られるのかという問題もあります。今回かなり広域に、自衛隊がSNSやいろいろなものを使って、緊急で呼びかけをしているところからも、災害規模の大きさが伺えます。

飯田)災害の派遣ももちろん重要ですが、国を守るという本来業務もあるわけですよね。

有本)国防がまず本来業務であって、日本の場合は災害が起こりやすいから大変ですよね。今後、国防の本来業務をやり、さらに大規模な災害であれば相当な人力を割かれるという点で、どのようにするのかを考えなくてはいけませんね。

飯田)マンパワーの配置であるとか、予算付け。

有本)それから、自衛隊をいまのまま1つで考えていいのか。あるいは災害支援ということに特化した、別の組織を考えるべきなのか、ということですね。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

最終更新:10/15(火) 12:10
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事