ここから本文です

是枝裕和監督、初めて挑んだ日仏共同製作映画

10/15(火) 17:00配信

ニッポン放送

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第707回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。支配人の八雲ふみねです。シネマアナリストの八雲ふみねが観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

 

今回は、10月11日から公開された『真実』を掘り起こします。

カトリーヌ・ドヌーヴ × ジュリエット・ビノシュ 自伝本をめぐる母と娘の“秘密”と“真実”

2018年、『万引き家族』でカンヌ国際映画祭のパルムドールという最高の栄誉に輝いた是枝裕和監督。待望の最新作『真実』は、是枝監督が初めて国際共同製作で手がけた長編作品です。

全編フランスで撮影した本作は、2019年 第76回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門オープニング作品に選出され、日本人監督初となる快挙を成し遂げました。

世界中にその名を知られるフランスの国民的大女優ファビエンヌが、自伝本「真実」を出版した。それをお祝いするという理由で彼女の元に集まったのは、海外で脚本家として活躍する娘のリュミール、娘婿でテレビ俳優として人気のハンクと、その2人の娘シャルロット。またファビエンヌの現在のパートナーと元夫、そして彼女の公私にわたるすべてを把握する長年の秘書だった。

集まった人々の気がかりは、ただひとつ。「一体、彼女は何を綴ったのか」。自伝で語られた“嘘”と、語られなかった“真実”が、母と娘の間に隠されていた愛憎渦巻く心の闇を浮き彫りにして行く…。

主人公・ファビエンヌには『シェルブールの雨傘』や『ロシュフォールの恋人たち』などで主演を務め、映画界の至宝とも言われるカトリーヌ・ドヌーヴ。自身のイメージと重なる“大女優”という役どころを、圧倒的な存在感で演じています。

また彼女の娘・リュミールには『ポンヌフの恋人』や『イングリッシュ・ペイシェント』のジュリエット・ビノシュ、その夫・ハンクに『6才のボクが、大人になるまで。』のイーサン・ホークと、錚々たるキャストが出演。世界的スターたちがフランスの風景とともに、新たな是枝ワールドを紡ぎ出しています。

1/2ページ

最終更新:10/15(火) 17:00
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ