ここから本文です

【MotoGP】MotoGP、2021年シーズンからバレンシア&カタールテスト廃止。負担軽減を図る

10/15(火) 15:42配信

motorsport.com 日本版

 MotoGPは2020年シーズンのテストスケジュールを発表。またレース開催数の増加もあり、2021年以降は負担軽減のためテスト日程をスリムにすることも明かされた。

【動画】2019年F1第17戦日本GP決勝ハイライト

 まず2020年シーズンのテスト日程だが、基本的にこれまでと大きく違いはない。削減されることになるのはチェコGP後のブルノテスト(1日)だ。

 また追加されるスケジュールとして、新規開催地のフィンランドGP、キュミリンクでのミシュランタイヤテストが開催に先駆けた6月に予定されている。なお同テストはテストチームのみが参加するものとなる。

 そして2021年シーズンのプレシーズンテストからは、更に日程が削減される。まず最終戦後に行われていたバレンシアテストを削減。またこれまで2月に行われていたカタールテストも実施されない予定だ。

 なお2021年の開催スケジュールが確定しインドネシアGPがカレンダーに加わった場合、タイGPの開催初年度のように3日間のプレシーズンテストが実施される可能性がある。その他にもインシーズンテストが2日間、グランプリ終了後のテスト(1日)が2度開催される予定だ。

■MotoGP 2020年シーズン テストスケジュール
 バレンシア/2019年11月19~20日

 ヘレス/2019年11月25~26日

 セパン /2020年2月2~4日(シェイクダウン)

 セパン/2020年2月7~9日

 カタール/2020年2月22~24日

 ヘレス/2020年5月4日

 バルセロナ/2020年6月8日

 キュミリング/2020年6月15~16日 (ミシュランタイヤテスト、テストチームのみ)

 ミサノ/2020年9月15~16日

Jamie Klein

最終更新:10/15(火) 15:42
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事