ここから本文です

セミヨン・ビシュコフ&チェコ・フィル、チャイコフスキー「悲愴」をリリース

10/15(火) 15:06配信

CDジャーナル

セミヨン・ビシュコフ&チェコ・フィル、チャイコフスキー「悲愴」をリリース

セミヨン・ビシュコフ&チェコ・フィル、チャイコフスキー「悲愴」をリリース

 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団と、2018年に同楽団の音楽監督に迎えられたセミヨン・ビシュコフ(Semyon Bychkov)が『チャイコフスキー: 交響曲第6番「悲愴」』(SHM-CD UCCD-1475 2,800円 + 税)を10月16日(水)にリリース。

 クラシック音楽レーベル“デッカ”では、ビシュコフとチェコ・フィルのコンビによるチャイコフスキー・プロジェクトを開始し、すでに交響曲全曲録音を完了させています。本作はそのなかから、2019年10月の来日公演で演奏される交響曲第6番「悲愴」が来日記念盤として国内盤リリースされるものです。

 ビシュコフとチェコ・フィルの来日公演は、10月19日(土)の愛知・名古屋 愛知県芸術劇場コンサートホールを皮切りに、神奈川・横浜や東京、大阪、熊本で全8公演開催されます。

最終更新:10/15(火) 15:06
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事