ここから本文です

ラグビー=スコットランド監督、「日本はとても速かった」

10/15(火) 9:06配信

ロイター

[東京 14日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会、1次リーグで日本に敗れたスコットランド代表のグレガー・タウンゼンド監督は、「プレーが速かった」と日本をたたえた。

スコットランドは13日、日本に21─28で敗戦。W杯9大会で2回目となる1次リーグ敗退を喫した。

タウンゼンド監督は「日本のプレーはとても速い」とコメント。「日本には優秀な選手が大勢いる。ボールキャリーが得意な選手、ハードワークをいとわない選手、さらにバックラインには圧倒的なスピードがあり、さまざまなプレーに挑戦する自信を持っている選手がいる」と述べた。

また、スコットランドの敗退については「今回の経験が役立つと信じているが、数カ月は落胆すると思う」と肩を落とした。

最終更新:10/15(火) 9:13
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事