ここから本文です

「BARBEE BOYS」エンリケ 13日公演中止の裏に「東日本大震災の教訓」

10/15(火) 17:05配信

東スポWeb

 台風19号による多摩川氾濫は、東京都世田谷区の二子玉川で浸水を引き起こし住民を恐怖に陥れたが、さらに副次的な災害ももたらした。

 台風一過で秋晴れとなった13日、人気ロックバンド「BARBEE BOYS」のベーシストのENRIQUE(エンリケ)が、二子玉川のGEMINI Theaterで開催予定だったライブを中止にした。

 エンリケはツイッターで「本日、二子玉川Gemini theaterにて開催を予定していたE―Mode公演ですが、台風の影響による会場内の漏水が止まらず、やむなく中止という判断に至りました。参加を予定して下さっていた皆様、本当に申し訳ありません。また、会場スタッフの皆さんによる早暁よりの復旧作業に心より感謝いたします」と発表した。

 エンリケは本紙の取材にこう話した。

「浸水や土砂崩れなど、被災された方たちのご苦労を思うとやるせないですが、ぜひ前向きに進んでください。僕らのエンターテインメントが少しでもその一助になるのなら幸いです。一日でも早くの復旧をお祈りしています」

 そのうえで「やはり安全第一と『自然をなめるな』ということは心がけました」と言う。

 前夜に演奏予定曲21曲のうち14曲を仕上げるリハーサルを予定していたが、やむなく中止し、出演者各自が自宅練習にしたという。

「2011年(東日本大震災)の教訓もあり、むちゃな動きは避けるということがベストな選択だったと思います。11年は浜崎あゆみツアーの延期を経験しました。自身のライブは郡山公演を中止しました。今回、報道も注視していたのですが、主催者との情報交換で会場の漏水の件や、排水の作業開始などを知り、午前10時までに結論を出してもらうということで進めていました。開催は会場スタッフの努力と誠意で、できるだけ前向きに考えていました」

 直近では、今月27日に「美里ウィンチェスター」のサポートで千葉県市川市のライブハウス「本八幡 ルート14」に出演する。

最終更新:10/16(水) 21:46
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事