ここから本文です

「モトカレマニア」高良健吾はサウナマニア、新木優子に「整え方教えます」

10/15(火) 15:26配信

映画ナタリー

ドラマ「モトカレマニア」の制作発表が本日10月15日に東京都内で行われ、キャストの新木優子、高良健吾、浜野謙太、田中みな実、よしこ(ガンバレルーヤ)、関口メンディー(EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBE)、山口紗弥加が出席した。

【写真】新木優子(メディアギャラリー他14件)

瀧波ユカリによる同名マンガを原作とする「モトカレマニア」では、元カレの存在を引きずる27歳のOL・難波ユリカの暴走と試行錯誤が描かれる。ユリカ役で地上波ドラマ初主演を果たした新木はオファーを受けた際の心境を、「本当にうれしかったですが、私が務めさせていただいていいものかという不安もありました」と明かす。「ただキャストやスタッフの皆さんに会って、私だけではなく皆さんの力で素敵なドラマになるだろうと。気持ちが固まりました」と制作陣への信頼感を垣間見せた。続く高良は「15年俳優をやっていて、このオファーが来たときに初めてラブコメに出演したことがないと気付きました。原作とプロットを読み、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の並木道子さんが監督だということですぐに決めましたね」と振り返る。

MCから「今月1日にご自身の結婚を発表されました、多部未華子さんです」と振られたのはよしこ。多部未華子のモノマネをしてキャスト陣からツッコミを受けつつ、「多部さん本当におめでとうございます。多部未華子さんのおかげでこの人生があると思っています。多部さんに食わせてもらってます」と挨拶をし、笑いを起こした。ユリカの親友のネイリスト役で出演するよしこは役作りとして「指毛を剃りました」と言い、ロケ用の“笑える隠し武器”として残しておいた足の指毛も剃り落とす羽目になったと話して、再び会場を笑わせる。

地元の北海道でラジオパーソナリティとして活躍するむぎちゃんこと来栖むぎを演じる田中は、マンガ版とドラマ版はキャラクター設定が異なると説明。「原作のむぎちゃんは快活で感情表現豊かなのですが、ドラマでは喜怒哀楽があまり表現できない女の子。監督から『甘すぎる。もうちょっとむぎちゃんは辛く』と言われるんですけど、長年染みついた甘ったるいキャラクターが災いして」と困り顔を見せ、「新たな挑戦になりました」と述べた。

タイトルにちなみ自身がなんのマニアか尋ねられると、高良は素早く「サウナマニア」と回答。「週2から4日くらいで通ってます。この現場にサウナ好きの方がめちゃくちゃ多くて“サウナイキタイ”って書いてある服を着てる人もいましたね。浜野さんも洗脳されてて……」と饒舌に。入浴剤マニアと答えた新木には、「自宅での整え方も教えるので」と話しかけていた。また「ハマケンマニア」だという山口が「情報を四方八方から仕入れています。浜野さんは『今回の役をどう演じるべきか』と何パターンも(演技を)動画で撮って、監督にプレゼンしてたんですが『いや、全部違う』と言われてたみたいです」と暴露し、浜野を照れさせる一幕も。「タピオカマニア」と話すのは関口。「店舗に行くのは恥ずかしいのでUber Eatsで頼んでます。ミルクティー味が好きなんですが、この間アレルギー検査を受けたら牛乳アレルギーで! でもタピオカだけで食べれるくらい好きです」とタピオカ愛をみなぎらせていた。

「コウノドリ」の坪田文が脚本を担当し、並木道子と「トレース~科捜研の男~」の相沢秀幸が演出を手がける「モトカレマニア」はフジテレビ系にて10月17日に放送スタート。

■ 木曜劇場「モトカレマニア」
フジテレビ系 2019年10月17日(木)スタート 毎週木曜 22:00~22:54
※初回15分拡大

最終更新:10/15(火) 15:26
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事