ここから本文です

大嘗祭で使うコメを奉納、皇居 栃木と京都の斎田で収穫

10/15(火) 12:15配信

共同通信

 天皇陛下の皇位継承に伴う重要祭祀「大嘗祭」に使う栃木県高根沢町と京都府南丹市の「斎田」で収穫したコメを納める行事「新穀供納」が15日、皇居・東御苑で建設中の大嘗宮の一角で行われた。

 コメを作った栃木の大田主、石塚毅男さん(55)が白い装束を身にまとい、収穫したコメを入れた木箱の担ぎ役とともに参加。コメはおはらいの後、斎庫に納められた。続いて京都の大田主、中川久夫さん(75)も同様にコメを納めた。栃木と京都で収穫されたコメは、それぞれ精米180キロと玄米7.5キロ。

最終更新:10/15(火) 12:34
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事