ここから本文です

MMテラスで「ヨコハマきのこ大祭」 きのこを見る、食べる、めでる

10/15(火) 22:47配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 M.Mテラス(横浜市西区みなとみらい4)で10月19日・20日、きのこ好きによる、きのこ好きのためのイベント「ヨコハマきのこ大祭2019」が開催される。(ヨコハマ経済新聞)

 きのこ大祭は、きのこを見る、食べる、愛(め)でるイベントとして、きのこ好きの有志が企画した。きのこにまつわるブースが50以上出展する。現在は7都市で展開しており、横浜での開催は6回目。

 「シイタケ摘み取り体験」では横浜の農家が提供。「マッシュルーム狩り」は、台風15号で被災した千葉の農家が提供する。台風19号で被災した長野県からの出店もあるという。

 きのこのオリジナルのアクセサリーやクラフト作品の展示・販売や製作体験ワークショップ、生のきのこ・きのこの加工品販売、きのこに関する本書やアート・写真作品の展示、ロックバランシングの石花会による「石花ワークショップ」なども行う。

 ステージでは、「三枝教授のすばらしき菌類学教室」作者によるトークショー、きのこをテーマにした楽曲演奏・クラウンショー、きのこ芸人よるトークショーなどを繰り広げる。

 MMテラスのレストラン10店では、きのこを使ったメニューを両日間限定で提供する。 実行委員会代表のコバヤシイッセイさんは「今年で6回目。大阪や広島でも開かれ、きのこつながりの友達『菌友』のおかげで盛大なお祭りに育ってきた。きのこをテーマとしたちょっと変わった楽しい空間をぜひのぞきに来てほしい」と呼びかける。
 
 開催時間は両日共11時~17時30分。入場無料。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:10/15(火) 22:47
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事