ここから本文です

【競輪】前橋寛仁親王牌は村上博幸が制圧 番手差しで5年8カ月ぶりのG1優勝

10/15(火) 17:31配信

デイリースポーツ

 「寛仁親王牌・G1」(15日、前橋)

 台風19号の影響で1日順延、15日12Rで行われた決勝戦は村上博幸(40)=京都・86期・SS=が1着。打鐘からカマした三谷竜生(奈良)を追走し、ゴール前でかわして、2014年2月の全日本選抜(高松)以来となる、4回目(4日間シリーズ以上は3回目)のG1優勝を飾り、賞金2940万円を獲得。KEIRINグランプリ2019(12月30日・立川)出場を決めた。三谷が2着に踏ん張り、近畿勢後位から外を踏んだ清水裕友(山口)が3着に入った。

 ヒーローの村上はゴール後、何度もガッツポーズをして喜びを爆発させた。表彰式では「うれしいです。三谷君が頑張ってくれたおかげですし、家族の支えもあったから優勝できました」と笑顔で語った。

最終更新:10/16(水) 9:45
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事