ここから本文です

飲食店・赤からが題材、TEAM-ODAC「キクネ~僕らに出来ること~」

10/15(火) 21:00配信

ステージナタリー

劇団TEAM-ODAC「キクネ~僕らに出来ること~」が、12月13日から23日まで東京・草月ホールで上演される。

【写真】劇団TEAM-ODAC 第33回本公演「キクネ~僕らに出来ること~」チラシ(メディアギャラリー他3件)

本作は、名古屋名物を提供する飲食チェーン・赤からを展開する株式会社甲羅グループと劇団TEAM-ODACがタッグを組む新作舞台。原案を甲羅グループ、脚本・演出を笠原哲平が担当し、劇中では赤からを題材にしたヒューマンドラマが展開する。出演者や公演詳細については続報を待とう。

甲羅グループの鈴木雅貴代表取締役社長は、本作について「時には人生の価値観を大きく変えるほどの赤からストーリーをみなさんに舞台というステージでお伝えしたい、そんな想いでTEAM-ODACさんのご協力のもとに赤からの舞台が実現しました。いつもと少し違う角度で見る赤からの魅力を感じてください!」とメッセージを送り、劇団TEAM-ODAC代表のいとう大樹は「海外進出も果たし、更なるチャレンジをし続ける『赤から』さんのように、『TEAM-ODAC』も海外進出できるよう、夢を掴む第一歩にしたいです!!」とコメントした。チケットは11月に販売される予定。

■ 鈴木雅貴代表取締役社長コメント
今回「赤から」が初の舞台を行います。赤からが生まれて17年、いまや全国に広がり幅広いお客様に支持され本当に感謝に尽きません。その赤から280店舗で日々繰り返される人間模様。笑い、涙、感動……。
時には人生の価値観を大きく変えるほどの赤からストーリーをみなさんに舞台というステージでお伝えしたい、そんな想いで「TEAM-ODAC」さんのご協力のもとに赤からの舞台が実現しました。いつもと少し違う角度で見る赤からの魅力を感じてください!

■ いとう大樹コメント
全国に280店舗と拡大を続ける「赤から」さんとのコラボに凄く興奮しています。「赤から」さんの象徴である赤から鍋のように、僕自身、熱い思いがグツグツと煮えて今にも噴き出しそうです。
その思いをステージで表現するため、「TEAM-ODAC」の持てる力を全て出し切ります!!
海外進出も果たし、更なるチャレンジをし続ける「赤から」さんのように、「TEAM-ODAC」も海外進出できるよう、夢を掴む第一歩にしたいです!!

■ 劇団TEAM-ODAC 第33回本公演「キクネ~僕らに出来ること~」
2019年12月13日(金)~23日(月)
東京都 草月ホール

原案:株式会社甲羅グループ
脚本・演出:笠原哲平
主題歌・音楽:blue but white

最終更新:10/15(火) 21:00
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事