ここから本文です

『バチェラー・ジャパン』EP7、最後のローズセレモニーで事件「バラは渡されへん」【脱落者ネタバレあり】

10/15(火) 9:08配信

オリコン

 Amazon Prime Video製作の人気リアリティーショー『バチェラー・ジャパン』シーズン3。成功を収めた1人の独身男性=バチェラーの唯一のパートナーの座を勝ち取るため、性格もバックグラウンドも異なる20人の女性たちが競い合う、やらせなし、台本なしのリアリティー番組として現在、エピソード6まで配信されている。三代目バチェラーは兵庫・神戸出身の青年実業家・友永真也氏(31)。前回エピソード5ではこれまで3回にわたって送られてきたグアムでのデートが完結。ORICON NEWSでは5人の女性が参加したエピソード7をプレイバックする。

【写真】最後のローズセレモニーで事件…「バラは渡されへん」と言い放たれた女性

■教会で“疑似結婚式”花嫁候補のウエディングドレスに友永さん感激

 エピソード8では、友永さんが女性たちの家族にあいさつにいくことから、今回が最後のデートとなる。ここまでに残ったのは、DJ・中川友里(29)さん、シングルマザーのモデル・田尻夏樹(30)さん、ブドウ農家・岩間恵(25)さん、広告代理店広報の野原遥(28)さん、元北新地のホステス・水田あゆみ(30)さん。5人が熱海の海を望んだホテルに集合すると、発表されたのは複数人でのグループデート。野原さん以外の名前が呼ばれる。

 やってきた森の中の教会で、友永さんが扉を開くとそこにはたくさんのウエディングドレスが並ぶ。大興奮する4人が大はしゃぎすると、友永さんは結婚した時をよりイメージするべく、どれでも好きなものを選び、着てほしいとリクエスト。教会で待つ友永さんの前に一人ずつ、各々好きなウエディングドレスを着た女性たちが現れると「めっちゃきれい」「こんな感じになるんや」「ほんまに似合ってるな」と感激しきり。プロのカメラマンと“新郎新婦”として写真撮影に臨む。中川さんは、キスしそうなほどの至近距離での友永さんとの密着ショットに思わず顔を赤らめる。

 花嫁衣装で4人並んだ女性たちのなか、前回、バチェラーとの2ショットデートの機会が第2話以降なかったことで気持ちが不安定になっていたことを打ち明け、距離を感じさせてしまった岩間さんを誘い出す友永さん。「いってらっしゃい」「ありがとう」と快く送り出す田尻さん、水田さんだったが、中川さんだけがその反応に違和感を覚え、引きつった笑みを浮かべるなか、友永さんは手をつないで岩間さんと教会を後にする。

1/4ページ

最終更新:10/17(木) 20:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事