ここから本文です

中島裕翔『ベストジーニスト』V3で殿堂入り「感慨無量の思いです」

10/15(火) 15:09配信

オリコン

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの中島裕翔が最もジーンズが似合う著名人に贈られる第36回『ベストジーニスト2019』の「一般選出部門」を受賞し、15日、都内で行われた表彰式に出席。12万6853票を獲得し“V3”を達成した中島は、史上10人目となる殿堂入りを果たした。

【アップショット】殿堂入りを喜ぶ中島裕翔

 これまでの歴代“永久ベストジーニスト”は、第15回(1998)に殿堂入りした木村拓哉、第20回(2003)の草なぎ剛、第22回(2005)の浜崎あゆみ、第27回(2010)の亀梨和也、第27回(2010)の倖田來未、第30回(2013)の相葉雅紀、第32回(2015)のローラ、第33回(2016)の藤ヶ谷太輔、第35回(2018)の菜々緒ら9人。

 記念の盾を受け取った中島は「心なしか、昨年より重みを感じます」と背筋を伸ばすと「感慨無量の思いです。投票してくださったファンの皆さん、ありがとうございます」と笑顔で喜んだ。

 この日のコーディネートのポイントを問われると「大きなパッチワーク。今までのダメージジーンズとは違ったキレイさが出てるかな」とアピール。平成最後、令和最初の『ベストジーニスト』に輝き「平成からジャンプしてきました!」と声を弾ませた。

 同アワードは、ジーンズを着る楽しさ、ジーンズの持つ意味の認知拡大を目的に1984年よりスタート。そのほか、「一般選出部門」に山本美月、「協議会選出部門」に出川哲朗、長谷川京子、E-girls、「次世代部門」に井手上漠、石橋静河が選出された。

最終更新:11/26(火) 13:07
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事