ここから本文です

SEIKIN、“チビキン”に動画クリエイターの素質あり? HIKAKINの恋愛事情は「ストイック過ぎるので…」

10/15(火) 15:50配信

オリコン

 動画クリエイターのSEIKINが『イクメン オブ ザ イヤー 2019』の「イクメン動画クリエイター部門」を受賞し、15日に都内で行われた授賞式に出席した。長男の“チビキン”にクリエイターの素質を感じていることを語った。

【動画】SEIKIN、HIKAKINの恋愛事情は「余り話さない」

 『イクメン オブ ザ イヤー』は育児を積極的に行う男性“イクメン”を応援するプロジェクトを推進する厚生労働省好演のもと誕生。今年で9回目となる。HIKAKINの兄にあたり、2014年に一般女性と結婚。昨年4月に第1子となる男児“チビキン”が誕生したことを自身のYouTubeチャンネルで報告した。受賞のスピーチでSEIKINは「素晴らしい賞をいただきまして、うれしく思います」と笑顔を見せた。

 育児についてSEIKINは「1歳半。全てが刺激だと思っている」と公園や山、川など外で遊ぶことも多いという。また、家でチビキンがカメラに触っている写真を公開し「家にあるのが特殊。動画クリエイターということもあって、カメラとかパソコンとか機材があって、それで遊んでいる。それが刺激にもなっているのかな」と口にし、自身の動画にもたびたび出演しているが「とにかく楽しそうにしてますね」と笑っていた。ただ、動画クリエイターにしたいか問われると「無理矢理やらせようとは思っていない」としながらも「自然にカメラを見たりしている。興味を持っている感じがするので、もし本人が『やりたい』と言ったら、やらせてもいい」と早くも才能を感じていることを明かした。

 また、HIKAKINとは兄弟げんかをしたことがないことを動画内でも明かしているが「小さいころから、したことない。どっちかが折れる。それぞれ意見はあるんですけど、順番に意見を取る」と裏話を語った。

 囲み取材でSEIKINは「こういう賞をもらえるとは思っていなかったので、驚いた。ご連絡いただいて『間違っていないですか』と。動画のクリエイターとして初めて受賞できて今後につながると思う」と受賞に感慨深げだった。HIKAKINが独身という話題になると「恋愛の話はしないので…。秘密主義というのもあって男同士でそういう話をしない」と詳しくは知らないとしつつも「ストイック過ぎるところがある。夜中もずっと動画の編集みたいな生活をしている。それが落ち着いたら。性格は悪くはないので、結婚したらいいんじゃないかなと思う」と見通しを口にしていた。

 同賞にはそのほか、「知育メン部門」を石田明(NON STYLE)、「イクメン芸人部門」を山根良顕(アンガールズ)、「イクメン一般選出部門」を杉浦太陽、「イクメンスポーツ部門」を前巨人監督の高橋由伸氏がそれぞれ受賞した。

最終更新:10/17(木) 12:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ