ここから本文です

千葉中央港を「ゆるキャラ」で楽しむ!観光リーフレット登場

10/15(火) 11:16配信

ちばとぴ!ニュース

みなとオアシス千葉みなと(千葉中央港)において、ご当地キャラ『おいでよ!千葉みなと水族館』を起用した観光リーフレットの配布が10月1日より始まりました。(ちばみなと.jpチャンネル)

リーフレットは、工業地帯の景観を持つ千葉中央港の大型施設を「ゆるキャラ」に見立てることで、来訪者の想像力によって新たな視点で港の魅力を発見・楽しめるという内容。

裏面には、最寄りの千葉みなと駅から気軽に散策を楽しめるスポットの紹介も。

幕張メッセや東京ディズニーリゾート等、JR京葉線沿線の観光宿泊地としてホテル利用者も多い側面を持つ千葉みなと。

キャラクター及びリーフレットを企画・制作した株式会社せひら(千葉市中央区)は、「千葉みなとは遠方から訪れた宿泊客にツイッターで(駅前に)”何も無い”と言われることが多い。このリーフレットを見て、駅前のホテルから5分も歩けば気持ち良い海を感じられることを知って頂ければ」と制作の意図を語る。

◆リーフレット配布場所

・ケーズハーバー・千葉みなと旅客船ターミナル
(千葉市中央区中央港1-20-1)
・千葉ポートタワー
(千葉市中央区中央港1丁目ポートパーク内)

◆『おいでよ!千葉みなと水族館』について

千葉市の情報を扱う地域メディア「ちばみなと.jp」発の、ご当地ゆるキャラ。

工場だらけで武骨に見える港も、ちょっと視点を変えてみれば、ユーモラスで特徴的な名物「キャラクター」がいっぱい。
日本でここにしかない、みんなの空想でオープンする水族館です。

最終更新:10/15(火) 11:16
ちばとぴ!ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事