ここから本文です

常備したい!使い勝手抜群の「韓国のり」を使った美味しいアレンジレシピ

10/15(火) 11:10配信

kufura

韓国で一般的に食されている韓国のりは、ごま油と塩で味付けされており、日本人でもファンが多いのではないでしょうか。独特の風味は、さまざまな料理に生かされ、その存在感は主役を脅かすほど。みなさんはどんなときに韓国のりを使用していますか?

今回『kufura』では500名の女性を対象に、韓国のりを使ったレシピを調査しました。単体でも美味しい韓国のりですが、風味を生かしたレシピがたくさん寄せられたのでご紹介します。

味付けとして調味料の代役を務める「サラダ」

「水菜にちぎって混ぜて、簡単サラダ」(47歳/主婦)

「レタス大盛りのサラダにトッピング」(50歳/その他)

「レタスやキュウリなどのサラダに韓国海苔をちぎって散らしてごまドレッシングをかけると美味しいです」(37歳/その他)

チョレギサラダに代表されるように、韓国のりはサラダにぴったり。ちょうどいい塩加減がサラダを美味しくしてくれます。それだけで物足りないときは塩をプラスしたり、ドレッシングを和えたり、自分好みの味を追求してみてはいかがでしょうか?

おにぎりじゃなくても楽しめる「ごはん」

「ごはんに韓国のりを細かくきってのせ、ごまをたっぷりふりかけまぜる。ふりかけでも良いし、お湯を注いでお茶漬けにする」(60歳/その他)

「卵かけご飯に載せて食べる。ごま油も一緒にかけてもおいしい」(41歳/その他)

「ご飯にキムチと韓国海苔を乗せるだけで、本場の味になっておいしくなる」(29歳/主婦)

のりですから、やはりごはんとの相性はバッチリ。卵かけご飯、お茶漬け、雑炊など、さまざまな食べ方が回答されました。そこにキムチや納豆を和えるという声も多く、一食でボリュームも楽しめそう。
さらに味付けするという方の調味料を伺ったところ、ごま油、しょうゆ、バターといった回答が得られました。

全体の風味を変える力に「スープ・味噌汁」

「わかめスープにちぎって入れる」(22歳/学生・フリーター)

「鶏ガラスープに胡麻油とちぎった韓国のりを入れた簡単スープ」(25歳/主婦)

「味噌汁に海苔を、食べる瞬間に、ちぎって、入れる」(37歳/その他)

スープなどの汁物にも韓国のりが使えます。韓国のりの塩加減がちょうどよく、中華風スープはもちろん、味噌汁に入れても美味。いつもよりコクを感じられます。
食べる直前に入れるのがポイントです!

1/2ページ

最終更新:10/15(火) 11:10
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事