ここから本文です

清水鋼鉄・宇都宮 鍛鋼品出荷、最終製品比率15%へ

10/15(火) 12:08配信

日刊産業新聞

 清水鋼鉄(本社=千葉県浦安市、清水孝社長)は、宇都宮製作所(栃木県宇都宮市、所長=後木雅人・取締役)で製造する鍛鋼品に関して、機械加工・組み立て加工を含めた最終製品(完成品)の出荷比率を高める。すでに天井クレーン用車輪などで実績があり、同製作所出荷全体に占める最終製品の割合は現行10%程度。厳しい市場環境下にあるものの、今後3年をめどに最終製品出荷比率を15%まで引き上げ、受注数量および売り上げの確保を目指していく。

最終更新:10/15(火) 12:08
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ