ここから本文です

いつまでも眺めていたい。心ときめく京都のハロウィン和菓子

10/15(火) 6:31配信

食べログマガジン

京のおやつは何にする?

京都のことを知りたい! もっと楽しく巡りたい! そんな京都好きな方にお届けする、心ときめく京都の旅とおやつのお話。

案内人は、京都在住の和菓子ライフデザイナーの小倉 夢桜-Yume-さんです。

古都・京都も、ハロウィン色に染まる10月

10月に入ると鮮やかなハロウィンのディスプレイが目に飛び込んでくるようになってきました。古都のイメージが強い京都ですが、多くの学生たちが暮らす街であったりもします。

そのため10月末になると、あちらこちらで仮装をした気の合う仲間たちでのハロウィンパーティーに向かう様子を見かけます。

ハロウィンの市場規模がバレンタインを追い抜いたといわれる近年、京都の和菓子店でも様々なハロウィン向けの和菓子が販売されています。

そこで、この時期は京都を観光しながら、ハロウィンにちなんだ和菓子を探してみてはいかがでしょうか? 今回は、店内でいただけるお店に注目してご紹介させていただきます。

まずは、北山ハロウィンでパレードを満喫!

京都でハロウィンといえば、真っ先に思い浮かぶのが「北山ハロウィン」です。今年で22回目。日本でハロウィンにそれほど注目が集まっていなかった、1998年より始まった歴史あるイベントです。

2019年は10月26日(土)・27日(日)の2日間、北山にある「陶板名画の庭」を中心とした北山界隈で行われます。

北山通りを進む仮装パレードをはじめ、かぼちゃを使ったジャックオーランタン作り。その他にも、ハロウィンにちなんだ手づくりマーケットや屋台村など。年々、内容が充実してきています。今ではこの時期になくてはならないイベントです。

和菓子のイメージを覆す、ハロウィンスタイルのお菓子:「長久堂」Jack-o’- Lantern

その北山ハロウィン会場の近くには、天保二年創業の老舗和菓子店「長久堂」があります。

こちらのお店では、毎年ハロウィンにちなんだお菓子が販売されており、店内に併設されている喫茶でお抹茶などと一緒にいただくことができます。

こちらが「Jack-o’-Lantern(ジャックオーランタン)」と名付けられたお菓子です。

あの世からやってきた悪霊たちをよせつけない効果があるとされている、ハロウィンの象徴のジャックオーランタン。

1/2ページ

最終更新:10/15(火) 6:31
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事