ここから本文です

市議「息子の結婚式で欠席したい」 届け不受理で委員会「無断欠席」に 規則の基準に合わず/兵庫・丹波篠山市

10/15(火) 8:01配信

丹波新聞

 今月2日に開かれた兵庫県丹波篠山市議会の予算決算委員会民生福祉分科会(6人)で、委員のある議員が欠席した。欠席理由は息子の結婚式。9月半ばに欠席の届けを提出していたが、同市議会の規則では欠席を認める判断基準を、「予見できないもの」としていることから不受理となり、分科会は「無断欠席」となった。森本富夫議長は、口頭で厳重注意した。ただ、ほかの議員間では、「認めてやるべき」「規則は規則」と賛否が出ている。

市議会、年中やります 「通年会期」導入で行政の監視強化 県内初、全国32自治体目

 規則で本会議や委員会などを欠席できるのは、▽事故▽出産―の2点。「事故」には本人が車などで事故に遭うことのほか、身内の死去なども含まれる。議会事務局によると、事故は突発的に発生した事柄が適用される場合が多く、事前に日程がわかっているものは欠席の理由にならないという。また、今回、届け出があったのは分科会の約2週間前。「もっと早い段階ならば、分科会の日程を調整することもできた」と話す。

 議員は取材に対し、「息子は海外で生活しており、結婚式場も海外。式場が混んでいたのか、具体的な日程がわかったのは届け出の前日だった」とし、「まさか不受理になるとは思っていなかった。半年前にわかっていれば当然、その時に欠席届を出していた」と説明。「息子の結婚式に出席するのは親として当然のこと。議員とはいえ一人の人間。このような体制では議員のなり手も出なくなる。改革していくべき」とした。

 森本議長は、「子どもの結婚式に出席してやりたいという心情はわかるが、議員である以上、規則は守るべき。選挙を経た公人であることを意識してほしい」とした。

 一方、議会内部では、「届け出が遅かったのは問題だが、冠婚葬祭は認めるべき」という声のほか、「有権者の負託を受けているのだから、公務を優先するのが当然」など賛否の声が出ている。

最終更新:10/15(火) 12:27
丹波新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事