ここから本文です

日中は広く晴れるも伊豆諸島は激しい雷雨に注意 台風被災地は土砂災害などに警戒

10/15(火) 5:52配信

ウェザーマップ

 連休明けとなるきょう15日(火)は日中は晴れ間の出る所が多いが、伊豆諸島は激しい雨や雷雨になるおそれがある。また、台風19号の被災地は氾濫している川があり、土砂災害も起きやすくなっているため、しばらく警戒が必要だ。

日中は広く晴れるも一部でにわか雨

午前5時現在、山陰や北陸、関東を中心に雨雲がかかっているが、日中は晴れ間の出る所が多くなる。ただ、関東付近は北東風によって湿った空気が流れ込むため、雲が多めとなり、夕方以降も一部でにわか雨がありそうだ。

伊豆諸島は激しい雷雨のおそれ

 前線に近い伊豆諸島では断続的に雨で、雷を伴って激しく降るおそれがある。あす16日の明け方にかけては、短時間強雨や落雷、突風などに注意が必要だ。

関東は北東風で空気ひんやり

  日中の気温は、近畿から東北の太平洋側にかけてはきのうより高い所が多くなる。ただ、関東は冷たい北東風の影響を受けるため、体感的には気温の数字よりもひんやりと感じられそうだ。また、日本海側ではこの時季としては低めの気温となる見込み。

台風の被災地はしばらく警戒

 台風19号の被災地では記録的な大雨の影響で川が氾濫し、土砂災害が起きやすくなっている。晴れ間が出てもしばらくは危険な状況が続くため、危ない場所には決して近づかず、警戒が必要だ。
(気象予報士・多胡 安那)

最終更新:10/15(火) 5:57
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事