ここから本文です

カワサキ「Ninja ZX-10R KRT EDITION」の2020年モデルが新色&新グラフィックとなって登場

10/15(火) 9:00配信

バイクのニュース

扱いやすさが速さにつながる、というカワサキの思想

 カワサキ「Ninja ZX-10R KRT EDITION」が、スーパーバイク世界選手権(SBK)5連覇という偉業を成し遂げたファクトリーマシンと同じイメージのカラーリングを採用し、2019年11月15日より発売されます。

カワサキ「Ninja ZX-10R KRT EDITION」の新しいカラーリング&グラフィックとは?

 カワサキ・レーシング・チーム(KRT)のイメージをまとった「Ninja ZX-10R KRT EDITION」は、量産市販車ベースで競い合う世界最高峰ロードレース「SBK」で培ってきた技術やノウハウが惜しみなく投入された、公道スーパースポーツモデルです。

 カワサキはSBKをはじめ、鈴鹿8耐などの「市販車をベースにしたレース」にこだわり、世界で戦うトップライダーのみが扱うことのできる速さではなく「誰が乗っても扱いやすく、そして速い」バイクを世に送り出しています。

 開発では「サーキットにおいて誰が乗っても扱いやすく乗りやすいということを追求していけば、結果として速いマシンが出来上がる」との考えから生み出されたバイクは、事実SBKで5連覇という偉業を成し遂げました。

 排気量998ccの水冷並列4気筒エンジンを搭載し、最高出力はラムエア加圧時で212PS/13500rpmを発揮。優れたパワーユニットを支えるフレームやサスペンションをはじめ、操作性と制動力に優れたブレーキ、電子制御テクノロジーなど、いずれもレースで培われた先進技術となっています。

 2019年モデルからの主な変更点はカラーリングとグラフィックのみ。価格(消費税10%込み)は210万1000円となり、車両本体価格は前モデルと同様の191万円です。

バイクのニュース編集部

最終更新:10/15(火) 12:23
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ