ここから本文です

住宅の離れからミイラ化遺体 ひきこもり30代後半の男性か 愛知・西尾市

10/15(火) 4:18配信

中京テレビNEWS

 14日夜、愛知県西尾市の住宅で男性の遺体が見つかりました。遺体は両親と同居していたひきこもり状態の30代後半の息子とみられ、警察が身元の確認を急いでいます。

 警察によりますと、14日午後7時すぎ、西尾市一色町松木島の男性会社員(69)から、自宅の離れで遺体を発見したと通報がありました。

 遺体はミイラ化しつつあり、外傷はありませんでした。

 通報した会社員の30代後半の息子が、離れの2階に住んでいましたが、母屋に住む両親とは顔をあわせることがなく、ひきこもり状態だったということです。

 1か月以上前から物音がしなくなったそうで、合鍵で部屋に入ったところ、遺体を見つけたということです。

 警察は、遺体を司法解剖して、詳しい死因を調べることにしています。

最終更新:10/15(火) 4:18
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事