ここから本文です

給料をもらったときが分かれ道、「貯まる人」はどうしてる?超初心者のためのお金管理術

10/15(火) 12:13配信

MONEY PLUS

給料をもらったら、どうしていますか? 

「やっと給料日だ!と思って、すぐに使う」という人もいれば、「特に何もしない」という人もいることでしょう。

【図表】10年で1000万円貯めるための計画表

実は給料をもらってすぐの行動が、「お金が貯まる人」になるかどうかの大きな分かれ道になるのです。そこで今回は、「お金が貯まる人」が給料をもらった後にしていることについてお伝えします。

給料が入ると、ぱ~っと使う人は危険

給料が入ったときに「よし、今日はお給料日だ」とお金を使っている人を見かけますが、残念ながら「貯まらない人」の可能性大。

なぜなら、その後お金を使いたい大事な場面があるかもしれないのに、無計画に使っているとあっという間になくなってしまうから。

例えるなら、午後に大事な用事(お出かけ、仕事の発表)があるのに、朝起きたとたんに全力で走って、体力と気力を使い果たしてしまうようなもの。いざ、午後の大事な用事で、体力と気力が残っておらず、本来のパフォーマンスを発揮できないことになりますよね。

もちろん、大人なみなさんは、大事な用事に備えて、体力や気力を調整していくはずです。

実は、給料が入ったときも同じです。

「お給料が入った、やった!」と、欲しかったものを買ったり、飲みに行ったりという行動を重ねていると、本当にお金が必要になったときにはガス欠状態で、使えるお金が残らなくなってしまうのです。

手取りの10%または1万円を先に貯める

そこでぜひ取り入れたい習慣が、給料が入ったときに、まずはお金を先に貯めてしまうこと。使う前に、ささっと貯めてしまうのです。

貯める金額の目安は、給料の手取り10%以上。手取り月収が20万円なら、2万円です。

「え、手取り月収20万円で、毎月2万円も貯めるなんて無理!」と、貯金習慣がない方にはハードルが高く感じるかもしれません。それなら、まずは1万円を貯めることをおすすめします。

1万円くらいなら、入ってくるお給料が増減することもあるので、先に貯めてしまって手元になくなっても、あまり負担には感じないでしょう。最初から「お給料が1万円少なかった」という前提でいれば、必要なものや大切なものに優先的にお金を使うようになり、無駄な出費が自然と減るはずです。

そして手元のお金を使い切っても、先に貯めている1万円の貯金はしっかり確保されています。

1/2ページ

最終更新:10/15(火) 12:13
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事