ここから本文です

ブリヂストンブースでは、佐藤琢磨選手のトークショーも!【東京モーターショー2019】

10/15(火) 15:11配信

MOTA

ワークショップや体験アトラクションも

ブリヂストンは、2019年10月25日から一般公開される第46回東京モーターショー2019に出展し、持続可能なモビリティ社会の実現に貢献するイノベーションや、独自のソリューション「Bridgestone T&DPaaS」などの取組みを展示する。

■過去にはセクシーなコンパニオンも! ブリヂストンの出展ブースを画像で見る(12枚)

そのほか、ワークショップやレーシングドライバーの佐藤琢磨選手を迎えたトークショー等のイベントも開催する。

主な展示概要

■ブリヂストン T&DPaaS
進化していくあらゆるモビリティの足元を支え、イノベーションを通じて顧客価値、社会価値を創出するためのブリヂストン独自のソリューションコンセプトを紹介する。

■High Strength Rubber(HSR)
ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた世界初のハイブリッド素材HSR(天然ゴム対比耐亀裂性5倍以上、耐摩耗性2.5倍以上、引張強度1.5倍以上)を使用したコンセプトタイヤを紹介する。

■「有人与圧ローバ」用タイヤ(接地体)
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)、トヨタ自動車株式会社と共に推進中の国際宇宙探査ミッションにおいて、「有人与圧ローバ」が月面を走破するためにブリヂストンが技術開発を進めているタイヤ(接地体)のプロトタイプを紹介する。

■走行中ワイヤレス給電対応タイヤ
東京大学大学院新領域創成科学研究科 藤本研究室が推進中の国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の研究プロジェクトに参画し、ブリヂストンが研究開発を行っている走行中に道路からワイヤレスで電気自動車のインホイールモータへ給電することに対応したタイヤを紹介する。

商品紹介

■POTENZA S007A
ドライ性能を向上させるとともにウェット性能とコンフォート性能にも配慮したタイヤ
■REGNO GR-XII
静粛性・乗り心地・運動性能を高次元でバランスさせたタイヤ
■BLIZZAK VRX2
ブリザック史上最高の氷上性能と高い摩耗ライフ性能・静粛性を実現したタイヤ

1/2ページ

最終更新:10/15(火) 15:11
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事