ここから本文です

【ドラフト】10年間で11名が座り、全員がプロ入りした侍ジャパン大学代表の4番。過去にはどんな4番打者がいたのか?

10/15(火) 12:29配信

高校野球ドットコム

 10月17日に開催される2019年プロ野球ドラフト会議。今年は佐々木 朗希(大船渡)、奥川 恭伸(星稜)、森下 暢仁(明大)ら、好投手が注目されているが、あまり大きく取り上げられないものの、毎年好選手をプロに送り込んでいるカテゴリーがある。

【写真】大学代表の4番・牧秀悟 (中央大)のプレーシーン

 それが、「侍ジャパン大学代表の4番」である。
 今や侍ジャパン日本代表の4番へと成長した選手から、将来が期待されるスラッガー候補まで、過去10年間のスラッガーたちを振り返る。

山川、吉田尚ら錚々たるメンツ

 まず、この錚々たるメンツをご覧頂きたい。

▼過去10年間の大学代表の4番打者
2009年 中田亮二、中原恵司(ともに亜大) 第37回日米大学野球選手権
2010年 伊藤 隼太(慶大・3年) 第5回世界大学野球選手権大会
2011年 伊藤 隼太(慶大)、山川穂高(富士大・2年) 第38回日米大学野球選手権
2012年 山川穂高(富士大・3年)  東日本大震災復興支援ベースボールマッチ 大学選抜
※この年開催された「第26回ハーレムベースボールウィーク」には九州地区大学野球連盟選抜が出場
2013年 梅野 隆太郎(福岡大) 第39回日米大学野球選手権
2014年 中村 奨吾(早大) 第27回ハーレムベースボールウィーク
2015年 吉田 正尚(青学大) 第28回ユニバーシアード競技大会
2016年 大山 悠輔(白鴎大) 第40回日米大学野球選手権
2017年 楠本 泰史(東北福祉大) 第41回日米大学野球選手権、第29回ユニバーシアード競技大会
2018年 頓宮 裕真(亜大)、伊藤裕季也(立正大) 第42回日米大学野球選手権、第29回ハーレムベースボールウィーク

 このように、2009~2018年の10年間で大学代表の4番に座った11名全員が、プロ入りを果たしているのだ(練習試合、壮行試合は除く)。さらに、伊藤隼、中村、吉田、大山らはドラフト1位でプロ入り。山川、頓宮、伊藤裕らは2位と、上位指名でのプロ入りが多数だ。

 この中で唯一下位指名となった楠本も、大学時代に肩を痛めたことで指名順位は下がったが、1年目から一軍で56試合に出場するなど、バットで存在感を示している。

 楠本だけでなく、多くの選手が1年目から一軍の舞台で活躍し、さらに本塁打を放っている。今季入団した二人も、頓宮は28試合で3本塁打、伊藤裕は21試合で4本塁打と、スラッガーの片鱗を見せた。

 明徳義塾時代からブーちゃんの愛称で親しまれた中田は、2015年から社会人野球のJR東海に活躍の場を移し、2018年の都市対抗野球でも4番打者として出場を果たしている。ともに亜大から入団した中原は現役生活を終えているが、他の選手は全て現役で活躍中だ。

1/2ページ

最終更新:10/15(火) 12:29
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事