ここから本文です

豚コレラ対策、愛知県内全てのブタ27万頭にワクチン接種へ 大村知事表明

10/15(火) 12:10配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 豚コレラが拡大している問題を受けて、愛知県の大村秀章知事は15日、県内で飼育しているブタ全頭に対し予防的ワクチンを接種する方針を明らかにしました。

 県内の畜産関係5団体は予防的ワクチンの接種を求める要請を行っており、大村知事は県内全てのブタ27万頭にワクチン接種を今月末から実施すると明らかにしました。

 ワクチン接種をめぐっては、接種された豚肉がほかの県への流通に制限が加わる可能性があることから、東海3県で愛知県だけが影響が大きいとして接種に慎重な姿勢を示していました。

 しかし、国が流通制限をかけない意向を示したことや関係団体の同意が得られたことなどから、実施方針に踏み切ったといいます。

 一方、岐阜県では豚コレラ対策を専門にあたる「家畜伝染病対策課」が15日、新たに設置されました。

 対策課の大口英徳課長は「早ければ今月中にもワクチン接種を開始したい」と話しており、県民の安全・安心につなげたいとしています。

中京テレビNEWS

最終更新:10/15(火) 12:10
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事