ここから本文です

シカゴ・マラソンで新たな歴史、コスゲイが世界記録を1分以上縮める

10/15(火) 16:13配信

ロイター

シカゴ・マラソンは13日に行われ、女子のブリジット・コスゲイ(25、ケニア)は2時間14分4秒の世界新記録で大会2連覇を果たした。

記録が更新されるのは16年ぶりで、それまでの世界記録は2003年4月にロンドンでポーラ・ラドクリフ(英国)が残した2時間15分25秒だった。

今年のロンドン・マラソンでも優勝していたコスゲイは「彼ら(観客)が応援してくれたので、速いペースをキープするエネルギーをもらえた」とコメント。

記録を更新されたラドクリフは「記録というのは破られる時がくるもの。ブリジットのレース前半のペースを見た時、記録を出す可能性があるのは分かった」と話した。

男子はローレンス・チェロノ(ケニア)が2時間5分45秒で優勝。前回大会優勝のモハメド・ファラー(英国)は8位だった。日本勢最高位は13位の大石港与。

最終更新:10/15(火) 18:37
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ