ここから本文です

U-21スペイン代表監督がラモスの東京五輪行きを明かす!?「迎え入れることになるだろう」

10/15(火) 16:51配信

SPORT.es

スペイン代表U-21の監督を務めるルイス・デ・ラ・フエンテは火曜日、ユーロ2021予選のモンテネグロ代表戦を前に、スタディオン・ポド・ゴリツォムで本紙の取材に応じた。

次節出場停止も主将ラモスは代表に帯同 この行動がレアルから反感を買う


デ・ラ・フエンテはアンス・ファティについて話し、「彼には落ち着きと正常な役割を期待している。もしプレーする機会があれば楽しんでほしいが、残りのチームメイト達も同様だ。このグループで重要なのは個人よりチームである」と主張している。


デ・ラ・フエンテはアンスが負傷から完全に回復し、火曜日(日本時間水曜日1:45~)に行われる一戦では、十分に準備が整っているだろうと指摘している。
「彼は万全なコンディションでチームに合流し、通常通りトレーニングを行なっている。彼と以前にプレーしたことのあるチームメイトもいる、うまく溶け込んでいるよ。彼は満足している」


東京オリンピックへの出場を望むセルヒオ・ラモスについて、デ・ラ・フエンテは、「我々は大歓迎さ。偉大な選手達、既にセルヒオに関しては真剣に話をしているし、常に歓迎し、迎え入れることになるだろう。全ての大会で戦い抜くために、ベストなチームを作る必要がある。可能な限りのベストチームで大会に挑まなくてはならない」と扉を開いている。

SPORT

最終更新:10/15(火) 16:51
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事