ここから本文です

仕事がデキる人に共通する5つの流儀~目的を達成しやすくする方法

10/15(火) 20:45配信

LIMO

不思議なくらい仕事がデキる人があなたの周りにもいませんか?  彼らのようになれるといいなと憧れる人もいると思います。そんな彼らには共通の流儀があるようです。今回は仕事がデキる人たちの流儀について紹介します。

集中力を保つための「スイッチ」を持つ

仕事がデキる人というのは、自分なりの集中力を保つための流儀があります。朝コーヒーを飲む、というのもそうですし、柑橘系のハンドクリームを塗るという人もいました。自分が集中したいときにすぐにスイッチが切り替えられるように、仕事を始めるときに毎日行うルーティンがあるのです。

1~2週間も続けてみれば習慣化するものですが、特に匂いはスイッチとして働きやすいようです。人間にとって嗅覚というのは本能に語り掛ける部分なんだそう。「この匂いをかいだら集中モード」となれるように、お気に入りのハンドクリームをつけたり、アロマの匂いをかいだりするのは効果的なのでしょう。

また、脳がそうなってしまえばいいだけなので、仕事に入るまでの行動を自分に都合のいいように習慣化してしまうのもアリです。コーヒーを飲みながらニュースをチェックして、今日のToDoを整理してから仕事に入る、という感じですね。ルーティンにしてしまえば、わざわざ「よし、やるぞ!」と気合をいれなくても行動に移せるというわけです。

5秒で答えを出す習慣を身につける

仕事がデキる人ほど、仕事で悩んだり迷ったりしません。ある外資系企業の管理職の方は、「仕事の90%以上の問題は5秒で答えが出るようなこと」と言います。よくよく考えてみると確かにそうかもしれません。判断に迷うこともありますが、私たちが作業するその手を止める事柄のほとんどは、ものの5秒で答えが出てしまうことです。

最も厄介なのは、正しい結論を出すこと自体は容易だけれど、その結論の実現にたどり着くまでにとても時間と労力がかかる場合です。社内の調整がとんでもなく大変であったりして、簡単には完成させられない仕事もありますよね。そういう仕事は、できるだけスムーズかつ時間をかけずにやる方法を考えるのです。

社内の調整というのはよくある厄介ごとかもしれませんが、言う人が変わればすんなり通ることもありますよね。こういうときは発言権のある人や、その分野に知見があって詳しい人を巻き込んでしまうのも一つの手です。

1/2ページ

最終更新:10/15(火) 20:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ