ここから本文です

憧れの「スーパーホワイト」が欲しかった! 現代に蘇るハイソカー3選

10/15(火) 16:10配信

くるまのニュース

最新セダンで蘇る、憧れのハイソカー

 1980年代から1990年代は、若者がクルマを持つことはステータスでした。ただし、クルマを持つといっても見栄えを重視する人も多くそんな人たちに人気があったのが「ハイソカー」です。

「ソアラ」や「マークII」3兄弟など往年のハイソカーと最新ハイソカーを画像でチェック(21枚)

 ハイソカーとは“High society”(上流社会)なクルマのことを意味し、代表的な車種はトヨタ「ソアラ」や「マークII/クレスタ/チェイサー」でしたが当時でも高価なクルマで、若者は生活費を切り詰めてでも手に入れたい憧れでした。

 しかし、クーペやセダンの人気が低迷するとハイソカーという言葉は廃れ、いまや死語となってしまいました。

 そこで、現行モデルでハイソカーをイメージさせるようなクルマ3車種をピックアップして紹介します。

●日産「スカイライン」

 現行モデルのスカイラインは2014年に発売された13代目です。日産の高級車ブランド「インフィニティ」のプロダクト開発で得た技術やデザインが反映された4ドアセダンで、スカイラインでは初のハイブリッドモデルも設定されています。

 2019年7月におこなわれた大幅なマイナーチェンジでは、外装のデザイン変更とともに、先進運転支援技術「プロパイロット 2.0」をハイブリッドモデル全グレードに標準装備。

 7個のカメラ映像と5個のレーダー、12個のソナーを搭載し、周辺車両を検知する360度センシングと3D高精度地図データを基に、世界初の高速道路ナビ連動ルート走行と、同一車線での手放し走行を実現しています。

 パワートレインはハイブリッド車では3.5リッターV型6気筒エンジン+モーターにより、低燃費を実現しつつもシステム最高出力364馬力を発揮し、ガソリン車では304馬力を発揮する3リッターV型6気筒ターボと、同エンジンながら高度にチューニングされ、スカイライン史上もっとも高性能な405馬力を誇る「400R」がラインナップされました。

 また、ハンドルの動きを電子制御ユニットで電気信号に置き換え、アクチュエーターによってタイヤを操舵する、バイ・ワイヤー式の「ダイレクトアダプティブステアリング」など、最先端の技術を採用したセダンとなっています。

1/2ページ

最終更新:10/15(火) 19:11
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ